NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

美人OL温泉愛好家「山田べにこ」お勧め温泉

スタッフの赤ワインです。

肌が乾燥したり、冷え症になったりするこの時期…
温泉が恋しくなります。

クリスマス温泉デート、年末年始の温泉旅行、
雪山帰りの立ち寄り温泉てのも良いですよね!

今日の特集コーナーGood To Go!では、
美人OL温泉愛好家の「山田べにこ」さんが、
シチュエーション別のおすすめ温泉、
そして、本当は教えたくない秘湯をこっそり教えてくれました。

beniko.jpg

べにこさんは、一般企業でOLとして働きながら、
週末は軽自動車を駆使して全国の温泉地をわたり歩き、
なんと、9年間で、つかったお湯の数は3000湯以上!

アウトドア雑誌「ガルヴィ」では、「べにこ温泉」 を連載し、
さらに、『山田べにこのお湯に恋する絶景おふろたび』という本まで出したということで、
これは、もう趣味のレベルではありません。

「デートもやっぱり温泉なんですか?」と聞くと、
「温泉が恋人ですから!」と答えるほど、
本当に温泉が好きなんですね!

そんなべにこオススメの温泉。

まずは…


■スノーボードやスキーの後に寄れる温泉■

『熊の湯温泉』  

長野県の志賀高原にある「熊の湯温泉 熊の湯ホテル」は、
江戸時代にあの蘭学者佐久間象山が発見した温泉で、
熊がその湯で傷を治していたという伝説から、その名前がついたそう。

内湯は風情のある総檜造りで、抹茶色のお湯がとても美しいです。

すぐ近くに熊の湯スキー場もあります。


■美味しい地元の料理も目当てに行く温泉■

『鶴の湯温泉』 

秋田県の乳頭温泉郷にある「鶴の湯温泉」は、
べにこさんが著書の中で一番最初に紹介している温泉。

古くは、二代目秋田藩主も訪れたそうで、
茅葺き屋根の本陣から、その歴史を感じられます。

お湯は、乳白色。
底の砂利から熱いお湯がポコポコと泡とともに湧いてくる
足元湧出泉があって、そこは混浴なんだそうです。

ここで食べたい名物料理というのが…

「山の芋の鍋」です。
この鍋や、イワナを囲炉裏を囲いながら頂けるそうです。


■デートで使いたい、女性に喜ばれる「勝負温泉」■

『都幾川温泉』

埼玉県の山中にあって、隠れ宿の落ち着いた雰囲気なのが、
都幾川温泉 旅館とき川」。

ここは、1日4組限定の食事つき休憩のみ受け付けている旅館。

pH11.3で、日本一のアルカリ泉。
たんぱく質を溶かすアルカリが、肌の最表層を溶かして、
お肌はつるつる、すべすべ。

とにかく女性には嬉しい温泉なんだそうです。


■こっそり教える秘湯■

切明温泉

長野県の中津川の河原には、湯が沸くポイントがいくつもあって、
自然の河原で入浴できるのが、「切明温泉 河原の露天風呂」。

スコップ持参で、川原でマイ湯船を作って入れる温泉です。

積雪で交通が困難な中、苦労してたどり着いた後の温泉、
しかも銀世界だったりすると最高なんだそうですよ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)