NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

社員をバーベキューに行かせよう!

「秋のBBQスペシャル」
特集コーナーGood To Go!は、
「バーベキューで結束力を高めよう!」と題してお届けしました。

houdai.jpg ht="437" />

この本を書店で見かけて、気になっていた人も多いのではないでしょうか?

ビジネス書として、ベストセラーになった本
『社員をバーベキューに行かせよう!―結束と成果はこうすれば生まれる』。

この本の著者、
株式会社都田建設 代表取締役社長 蓬台浩明さんに電話をつないで、
BBQを使った結束力アップの方法を伺いました。

都田建設は、静岡県浜松にある注文住宅・工務店で、
20代から70代までの社員がいるそうです。

そんな社員たちの結束力を高めるために、
ウィンドサーフィンやカヌーが好きなアウトドアマンでもある蓬台社長が
導入したユニークな方法が、
「週に一回晴れた日に社員全員でバーベキューを行う」というもの。

このバーベキューで生まれるコミュニケーションが、
結束力ある組織を生んで、
ひいては企業の強さを生むんだそうです。

都田建設で行っているバーベキューは、
ただおいしくバーベキューをやるだけではなくて、
3つのルールがあります。

1.「一時間でやるということ」
時間は、お昼休み中の1時間のみ。
火起こしから、片づけまで全てを1時間以内で終わらせること。

2.「全員で毎週必ずやるということ」

3.「予算は1万円以内ということ」
社員およそ40人分の食材を1万円に抑えなくてはいけません。

これってビジネスに置き換えると、
「時間管理」、「チームマネジメント」、「予算管理」とも置き換えられますよね。

このルールが、団結力と、終えた時の達成感を呼ぶようです。

ちなみに、バーベキューのリーダー(シェフ)は当番制。
社長から新入社員まで、公平に回ってきます。

こちらは、社員からは、「だいちゃん」と呼ばれている蓬台社長。
社長も率先してバーベキュー新メニューに挑戦したり、
その日のリーダーの指示で、片づけをしたりもします。

これまで120回くらい行ったBBQを行っているそうですが、
今までに同じメニューはなかったそうで、
エビチリから一番最近ではゴーヤチャンプルーも出たんだとか。

ただ、過去に1度だけ失敗したことがあって、
これは、「だいちゃん」こと蓬台社長が、ラーメンを作った時のこと。
40人分の麺がくっついて塊のようになってしまったとか…

そんな「だいちゃん」に、
バーベキューを楽しむコツを聞いたところ、「ポイントは全員参加」。

バーベキューで何もしない人がいない状態を作ることなんだそうです。

これがひいては、その人の個性の発見にもつなって、
その個性を仕事でも生かせるようにしていくんだとか。

皆さんの会社やサークルでも、
この本を参考にして、
バーベキューを取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)