NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「ヤナギムシガレイ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「ヤナギムシガレイ」じゃ。

体長30センチ前後の、口が小さくて細長いカレイで、
柳の葉っぱのようにほっそりしているので「ヤナギムシガレイ」、
地方では「ササガレイ」「アカガレイ」などとも呼ばれているんじゃ。

水深100~200メートルに生息し、
乱獲などの影響で一時期は「幻の魚」と言われたが、
最近は、小さな魚の保護活動が実って、釣れることも多くなってきたんじゃ。

専門に狙う遊漁船は稀じゃが、
アマダイや根魚釣りの外道として釣れることが多く、
アタリはゴンゴンと明確で、大きなモノはファイトもそれなりじゃ。

秋から冬にかけてが旬で、小さなものは一夜干し、
大きくて肉厚なものは高級魚として重宝され、煮物や刺身にすると美味しいんじゃ。

皆の者、お試しあれ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)