NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

「エビ撒き釣り」レポート

スタッフの赤ワインです。

井手大介&スタッフで、チャレンジしてきた
「エビ撒き釣り」のレポートです!

場所は、川崎スペシャルの時に、
井手大介VS尾上綾華の釣り対決でも取材に来た
川崎市の東扇島西公園。

今回、取材でお世話になったのは、
勇竿釣具店の池田さん、そして、エビ撒き釣り名人の並木さん、
さらに、西公園でエビ撒き釣りを楽しんでいる仲間の皆さんです。

まずは、名人の並木さんが、エビ撒き釣りについて解説。

エビ撒き釣り…「シラサエビ」という2~3センチくらいの生きたエビを、
針につける餌と撒き餌に使う釣りで、
関西では、既に人気の釣り方。
関東では、この勇竿釣具店が、エビを安く仕入れることに成功。
(エビは1日分で4000円くらい)
これからこの東扇島を中心に盛り上げていこうとしている釣りなんです。

とにかく堤防周りの魚(スズキ、クロダイ、メバルなど…)はエビが大好きで、
ルアーがシブい時でも釣れるんだそうです。

餌になるエビは、クーラーボックスに水を入れて、
エビが窒息しないように、専用のポンプで空気を送っているので、
「ブーン」と音のするクーラーボックスを見かけたら、
エビ撒き釣りをやっている人です。






この中から、イキが良くて、いい働きをしてくれそうなエビちゃんを選んで、
チヌ針につけます。

そして、サビキ釣りのように魚寄せのエビも撒きつつ、釣るわけです。

「まずボウズはない」
「ここで103センチのシーバスも釣った」…なんて話を聞いて、
井手のテンションは早くも上がっていますが、
初チャレンジで釣れるのでしょうか?

実際にチャレンジしてみて難しかったのは、
魚がエビを食って、浮きが沈んだ時の「アワセ」。

エビ撒き釣りには、いろいろな魚がかかるから、
それぞれ食い方も違うし、魚に合わせてアワセ方も変えるんだそうです。

その感覚をつかむのが難しかったですが、
逆に、魚は確実に食っているのに、なかなか釣れないのが悔しくて、
楽しくなってきます。

午前中は、東扇島西公園でやっていたんですが…

名人が60cmくらいのスズキを1匹釣ったのみ。
潮が悪いのかシブい状態が続いたので、カレーライスを食べながら休憩。

午後の満潮(午後3時)前を狙って、
ポイントを池田さんオススメの某所に変えました。

そうしたら、ディレクターの赤ワインにいきなりクロダイがヒット!
残念ながら、バラしてしまったんですが…

その後、井手にもヒットが連発…しかし、なかなかアワセが上手くいかない。
で、釣果の方はどうだったかというと…

20cmのセイゴが1匹でした。
スタッフ赤ワインも20cmのセイゴ1匹。

一緒に釣りに行った名人の並木さん達も、
小さなセイゴや、小さなクロダイが中心でしたが、
立派なクロダイを釣った人もいましたよ。

今回は、アワセがうまくいかなかったので、井手&赤ワインはこんな釣果でしたが、
確実に、魚は食いに来ていました!

次回は、こんな感じで?
もっともっと釣りたいと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)