NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「クロシビカマス」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「クロシビカマス」じゃ。

「クロシビカマス」にはいろいろな呼び方があって、
相模湾では、「スミヤキ」、「ナワキリ」、「ガランチョ」、
沼津の方では、錆びた刀に見えることから「サビタチ(錆太刀)」と呼ばれるそうじゃが、
細長く、金属を感じさせる浅黒さは、まさに錆びた刀のようじゃ。

深海魚の一種で、昼間は水深500メートル前後の深場に生息し、
夜になると水面近くまで浮上してくるんじゃ。

鋭い歯が並んだ口は大きく、体は黒光りし、
大きなものは60センチを越すんじゃ。

専門に狙う遊漁船はみかけないが、
メタルジグで、同じく深海魚の「バラムツ」や「アブラソコムツ」を狙ったり、
サバの切り身やイカの短冊をエサにして、
深場の金目鯛などを狙っていると釣れることがあるんじゃ。

引きはさほどでもないが、肉は上品な白身で、脂が乗っていて、
酢の物や干して塩焼きにすると美味しいんじゃ。

ただし、背ビレや腹ビレの先端は鋭いので、素手で触るときには要注意じゃ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)