NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

エビ撒き釣りに行って来ました!

スタッフの赤ワインです。

10/4(月)曇り。
今日は、井手大介&スタッフで、
東扇島西公園に行ってきました!

ここには、川崎スペシャルの時に、
井手大介VS尾上綾華の釣り対決で取材に来たばかり。

実は、その時に取材でお世話になった、
東扇島西公園にお店を出している勇竿釣具店の池田さんから、
「今後はぜひエビ撒き釣りの取材に来てください。」とのお誘いがあり、
さっそく来てみたわけであります。

エビ撒き釣り…あまり聞き馴染みのない釣りですよね?

なんでも関西では既にメジャーなんだそうですが、
今まで関東ではエサに使う「活きエビ」の値段が高かったため
流行には至っていなかったそうなんです。

ところが、勇竿釣具店では、
活きエビを安く販売できることになり、
関東におけるエビ撒き釣りの総本山になっているんです。

これは、ぜひチャレンジしなくては!

これがエサとなるエビちゃんです。
生きているので、ポンプ付きのクーラーボックスに入っています。

この中からイキが良くて、いい働きをしてくれそうなエビちゃんを選んで、
針につけます。

そして、サビキ釣りのように魚寄せのエビも撒きつつ、釣るわけです。

生きのいいエビちゃんは、エビ反りジャンプをするので、
慣れないと捕まえるのも一苦労です。

釣り始める前に、
エビ撒き釣り名人の並木さんに
一通り説明をしていただいたんですが…
その中で出てきた言葉は…

「基本的にボウズはない」
「シーバス103センチを釣った」

そんな言葉を聞いて、俄然やる気になってきました。

果たして、初挑戦の井手大介&スタッフは釣れたのか?

詳しくは、10/16(土)のザバーンで!


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)