NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「カンパチ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「カンパチ」じゃ。

大きなものは体長150センチ、重さ50キロを優に超すアジ科の魚で、
正面から見ると、目の上の黒い帯が八の字に見えるのでカンパチと呼ばれるんじゃ。

35センチ以下を「ショッコ」、60センチ以下を「ショゴ」、
80センチ以下を「アカハナ」と呼ぶ地域もあるんじゃ。

水深20~200メートルの岩礁帯を好み、
イカナゴやイワシを補食するフィッシュイーターじゃ。

釣り方はムロアジなどをエサにした「泳がせ釣り」が一般的じゃが、
ゲーム性の高い「ジギング」も人気じゃ。
(ジギング=ルアーの一種で、メタルジグを沈め、シャクッて誘う)

いずれの場合も、ヒットした瞬間に猛然と根に向かうので、
ドラグを強めに調整し、根に潜られないようにするのが肝心!

このところ、茅ヶ崎沖や小田原沖などでイナダなどに交じって釣れているようじゃ。
身がキュッとしまっていて、刺身、照り焼き、ジャブシャブなどにすると美味い。

お試しあれ!

(写真は井手大介が小笠原で釣ったカンパチ。刺身で美味しく頂きました。)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)