NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

博士からの回答じゃ~タチウオ&ワラサ

博士じゃ。
今日は、わし宛に質問が届いているので答えよう。
スピードドライバーからじゃ。

金魚釣りから始まった、僕の彼女ですが、
最近では、鯵釣りでは物足りないらしく、タチウオやワラサを釣りたいと言い出す有様、
そこで、博士!ご指導よろしくお願いします。

いい質問じゃ。
金魚釣りから始まって、いよいよタチウオやワラサとは…すごいの~!

ご存知のように、ワラサはブリの子供のことじゃが、
重さが3キロを越えるため、そのパワーはすごいんじゃ。

タックルは、お祭り(隣の人の仕掛けと絡むこと)を避けるため、
短時間で勝負ができる、胴が強くて短めのロッドが有利じゃ。

ラインは、PE4~6号、ハリスはフロロカーボンの8号前後が基本で、
仕掛けは船宿によって多少異なるので、事前に聞くことが大切じゃ。

ワラサの群れはすぐに移動してしまうため、
船長の指示ダナ(仕掛けを落とす深さ)に従って、
素早く仕掛けを落とすことが肝心じゃ。

一方のタチウオは、ここ数年ルアーで狙う人も増えておるが、
確実に数を釣るならエサ釣りが有利じゃ。

タチウオは立って泳ぐ不思議な魚で、昼間は深い場所にいるが、
夜になるとエサを追って浅い場所まで上がってくるんじゃ。
(時には防波堤の灯り周りで釣れることもある)

ボート釣りの場合、胴付き2本バリが基本で、
大きくシャクッて誘うので、かなりハードじゃ。

また、仕掛けを沈めている最中にヒットすることも多く、
エサをくわえたまま上に泳ぐため、
ラインのテンション(張り)を一定に保つことが肝心じゃ。

ワラサを狙うなら剣崎沖や城ヶ島沖
(三浦市の松輪港や小網代港から遊漁船が出てます)
タチウオを狙うなら観音崎沖
(新山下や八景、大室港、浦賀港から遊漁船が出てます)。

ただし、タチウオは歯が鋭いのでフックを外すときは要注意じゃ!

2人揃っての吉報、待っておるぞ!

…って事で、他の者からもわし宛の質問待っておるぞ。
博士宛に送ってきなされ!

コメント

本日、太刀魚行ってきます!
釣れるかな?
博士ご指導ありがとうございました。
頑張ってきます、結果報告楽しみにしててくださいね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)