NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「ハゼ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「ハゼ」じゃ。

ハゼと一口に言っても、干潟に住む「ムツゴロウ」や「トビハゼ」、
毒を持った「ツムギハゼ」なんて物騒なものを含めて、
世界中に2100種類以上いるんじゃ。

釣りの対象としてポピュラーなのは「マハゼ」で、
相模川河口部などの汽水域、堤防、内湾など、泥や砂地を好み、
体長は10センチ前後じゃ。

何でも食べる食い意地のはった人を「ダボハゼ」なんて呼ぶけれど、
ハゼは、ゴカイなどの多毛類からエビなどの甲殻類、さらには小魚まで、
なんでも食べるんじゃ。

特に、夏場のハゼは「デキハゼ」と呼ばれ、
誰にでも簡単に釣れるので初心者やファミリーサービスに最適じゃ。

釣り方は防波堤からの投げ釣りでも、ウキ釣りでも、
手漕ぎのレンタルボートや仲間でワイワイ屋形船からの船釣りでもオッケー。

仕掛けは市販のもので十分じゃが、
数釣りするにはエサ(青イソメかゴカイ)を丁寧に付けるのがコツ。

あたりはプルプルと明確で、メゴチやスズキの幼魚のセイゴなども釣れるので、
退屈しない釣りじゃ。

佃煮や天ぷら、唐揚げなどにするとうまいぞ。

お試しあれ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)