NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

ダッヂオーブンレシピ『蒸し料理』

スタッフの赤ワインです。

毎月第3土曜日は、ザバーン的にダッヂオーブンの日!

実は、井手大介、
今までダッヂオーブン料理を作り続けた功績を認められて?
日本ダッチオーブンライフ振興会の名誉会員にしていただいたそうです。

さて、今回、日本ダッチオーブンライフ振興会理事長、
中山千賀子先生が教えてくれたのは、ヘルシーな「蒸し料理」。

最近、健康に気を使う人が増えて、
昔に比べると食材も、料理もヘルシーな物が好まれるようになっています。

ぼく赤ワインも使っていますが、
最近はモロッコで昔から使われていた「タジン鍋」を使ったりして
「蒸す調理方法」がはやっていますが、
家庭では、ダッチオーブンの方が、
蒸す料理を作るのに適しているそうです。

千賀子先生が言うには、
ダッチオーブンは、食材の持つわずかな水分だかで調理する「無水調理」が出来て、
食材の持つ本来の美味しさを充分に味わえるうえに、
水に溶け易いビタミンなどの流失を抑えて、とてもヘルシーなんだそうです。

それでは、レシピです。



初めに、今が旬の夏野菜、「とうもろこしの蒸し焼き」です。
まず、とうもろこしのヒゲを取って、皮をむきます。
プレヒートしたダッチオーブンの底にむいた皮を何枚か重ねてひき、
さっと洗ったとうもろこしを丸ごとゴロゴロと入れてフタをします。
10分位したら、とうもろこしをひっくり返して反対側も蒸し焼きにします。
多少こげても、良い香りです。
蒸された熱々のとうもろこしは本来の甘味が引き出されてとても美味しいです。
これをペーストにして水分を加えたらとうもろこしのスープになります。

次にトマトです。
完熟トマトを丸ごとダッチオーブンに入れて火にかけておくと
トマトソースが出来ます。
濃厚なトマトソースはピザやオムレツにぴったりです。

それから夏の定番といえば、枝豆
枝豆はさっと洗って塩をまぶして、
さやごとダッチオーブンに入れれば、
とっても甘い蒸し枝豆が出来ます。
茹でるより、豆の味が濃くて美味しいですよ。

ナスやズッキーニ、パプリカ、トマト、ニンニクを合わせて蒸し煮すれば、
ラタトゥイユが出来ます。
水分を入れなくてもオリーブ油と野菜の持つ水分で柔らかく煮えます。

カボチャやじゃがいもは洗って、丸ごとダッチオーブンに入れれば、
ホクホクのローストポテトが出来ます。
熱々の所にバターをつけると美味しいですね。

魚貝類も蒸すと美味しいです。
あさり、蛤、ムール貝、牡蠣やカニ、海老など、
熱くしたダッチオーブンに全部カラごと入れて、
お酒をふってフタをします。
フタの圧力機能で、あっと言う間に貝の殻が開いて火が通ります。
貝から出た美味しいエキスもスープにしたり、リゾットにします。

何と言っても一番の醍醐味は鶏丸ごと1羽の蒸し鶏です。
丸ごと鶏1羽をダッチオーブンに入れてフタをして火にかけ、60~90分すれば、
濃厚でとろけるような蒸し鶏が出来上がります。
鶏肉をむしって、棒棒鶏にしても美味しいです。
底にたまった美味しいエキスにお湯を足して、ネギをちらして作るラーメンは最高です。

ダッチオーブンがあれば、
今までキッチンで使っていた蒸し器や蒸しかごはもう必要なくなってしまいます。
これからは、シューマイや中華ちまき、魚もぜひ、ダッチオーブンで蒸してみて下さいね。


コメント

>yokkoさん
いつもコメントありがとうございます!
すごいタイミングですね!
この時期のラタトゥイユは最高ですよね。

番組聴きながらダッヂオーブンにカボチャを刻んで入れたら、ちかこ先生の蒸し料理解説が始まりました。
15分程でカボチャはホクホクに。ペーパーでさっと拭いてから 玉ねぎ、なす、パプリカ、 トマト投入して、ラタトゥーユ を作りました。カボチャはオリーブオイルとお塩で、ラタトゥーユは冷やしてパスタで頂きました。まだまだ残暑厳しき折、早朝に火を使って下拵えしておくと夜帰ってからさっと出せていいですよ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)