NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

ザバーン親子チャレンジ2010報告 選手紹介編

スタッフの赤ワインです。

今年もザバーンが開催するサーフィン大会
「FMヨコハマ ザバーン親子チャレンジ」が、
「NSA湘南西 マスターズオープン」のクラスの1つとして、
8/1(日)、花水河口ポイントで行われました!

もともと7/25(日)親子の日に開催予定だったんですが、
波がなかったので延期。

8/1は、波にも天気にも恵まれて、
無事開催することが出来ました。

今回は、こんな6組の親子が参加してくれました!

第1ヒート ゼッケン緑 「佐藤」親子
息子さんは、小学校6年生でサーフィン歴3年。
毎週練習しているそうで、
「優勝したいです!」と語ってくれました。

第1ヒート ゼッケン青 「篠崎」親子
元プロサーファーの篠崎亨さん。
そして、息子さんは9才でサーフィン歴1年。

第1ヒート ゼッケン赤 「笠原」親子
湯河原から毎年参加してくれている親子。
お父さんは、息子が年々上手くなってくるのを
この大会で実感しているそうです。
息子さんは、中3なので、今年が最後のチャレンジ。

第2ヒート ゼッケン緑 「南澤」親子
4年前に親子で一緒に始めたサーフィン。
「今日は、子供に負けないようにがんばまります!」というお父さん。

第2ヒート ゼッケン青 「大澤」親子
マスターズオープンクラスとダブルエントリーのお父さん。
小学校3年生の娘さんは、ボディボードで。
大会初チャレンジながらも「1位になってみたい!」と宣言。

第2ヒート ゼッケン赤 「平原」親子
息子さんは小学校3年生で、大会は2回目。
昨日、初めて出場した大会では3位入賞して、
今日もやる気満々。
お父さんは、
「夢はプロサーファーと言っていたので、僕の出来なかった夢を託します」
と話してくれました。

…ということで、
今回は、6組全て、「お父さんと子供」というペア。
前回は、中学生の子供も多かったんですが、
今回は小学生が多くなりました。

この大会では、親子でタッグを組んで、
親子別々に海に入って、
最高点1本ずつを合計した点で競います。

最初の余裕があるうちに、子供に乗ってもらって、
その後、お父さんにバトンタッチという作戦が多かったんですが、
果たして優勝した親子は、どの親子だったんでしょうか。

次回の報告をお楽しみに。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)