NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「ヤマトカマス」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、ヤマトカマスじゃ。

ヤマトカマスは、
一般的に「カマス」と呼ばれている「アカカマス」に比べて、
見た目が青っぽいので「アオカマス」、
身が水っぽいので「ミズカマス」などとも呼ばれているんじゃ。

歯が鋭く、シラスなどの小魚を襲う肉食魚で、
大きなものは30センチを超こともあるんじゃ。
これからの季節が旬で、
江ノ島や茅ヶ崎周辺の釣宿から乗合船が出るんじゃ。

釣り方はフラッシャーが付いたサビキが一般的で、
水深10~30メートルの浅場を狙うんじゃが、
アジやイワシと一緒に群れていることも多く、
たえず移動しているため、群れを発見したら素早くしかけを投入し、
サビキを上下に踊らせ、
アタリがあったら追い食いを待たずに素早く上げるのがコツじゃ。

エサを下から食べる習性があるので、
仕掛けを下ろしている途中にアタルことも多く、
また、歯が鋭いのでハリスのチェックを怠らないことが肝心じゃ!

このところ大磯港内でもイワシや豆アジに交じって釣れているそうじゃ。

「カマスの焼き食い一升飯」なんてことわざがあるように、
小さなものは丸干し、大きなものは開きにして一夜干しにするとうまい!

お試しあれ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)