NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

 

横島勝先生のブラックバスレポート

スタッフの赤ワインです。

ザバーンにバスフィッシングの先生として
何度も出演してくれている「奥多摩湖の見張り番」こと
横島勝さんが写真つきレポートを送ってくれました。

分かる人には分かる、
分からない人には全く分からない、
バス釣り専門用語満載の報告メールが届きましたよ。

何はともあれ写真を見るだけでもスゴイ!!

こんな大きなバスを釣っていながら、
一緒に書いてあったリクエストが、
ゆずの♪夏色ってところがまたいいですね。

荒川にて、こんなの釣れましたよ!
シャローのヘビーカバーで、
一発勝負のフリッピング、
男、度胸の20ポンドラインで、
強引にぶち抜きました。

いやぁー川バスは本当によくひきますね!!
7フィート11インチのフリツピンクロッドが、
バットから、ぶちまがりでした?!

 

国内最大級のレディースサーフィン大会「ROXY CHALLENGE」開催!

スタッフの赤ワインです。

今年も、女性アマチュアサーファーのチャンピオンを決める、
国内最大級のレディースサーフィン大会
「ROXY CHALLENGE 2010 supported by SURFER GiRLS」の開催が
決定しました!!

今年は8月14日(土)、辻堂海岸で開催。

もう解散したザバーンのレディースサーフィンチーム「BLEU MERMAID」からも
過去にチームメイトが参戦していたこの大会。

多くの女性サーファーたちの白熱したライディングが見られるだけでなく、
ネイルサロン、ボディペインティング、ハンドマッサージなどのブースが出て、
”ガールズイベント”として一日通して楽しめます。

『ROXY CHALLENGE 2010 supported by SURFER GiRLS』
2010年8月14 日(土) 辻堂海岸
ショートボードクラス 40名
ロングボードクラス(9フィート以上) 40名 
ボディボードクラス  20名

参加資格 NSA正会員、又はNSAオープン会員の女性(NSA3級程度)    
エントリー費 6000円   
エントリー期間 7月12日(月)~7月30 日(金)
エントリーは、大会HPのエントリーフォームから。

 

NSA湘南藤沢支部予選

スタッフの赤ワインです。

番組のレディースサーフチーム「BLEU MERMAID」で
活躍してくれた女子大生サーファーのなっちゃんから
大会レポートが届きました!

NSA_yosen.jpg

お久しぶりです。
元ブルーマーメイドのなつみです。

ずっと延期になっていたNSA湘南藤沢支部予選が、
先週の日曜日6/20に開催されました。

朝6時の時点では、
波はコシ~ハラで風はあまり強くなかったです。

ヒートまで時間があったので心配症な私は練習してました。

波数が多いので混んでいてもけっこう乗れました。

練習した後は、ヒートまで音楽聴いたりして集中してます。

やっぱり支部予選は緊張します。

1ラウンド目は通過しました。
ショートの女の子は人数が少なくて1回勝ったらファイナル。

ファイナルをやるころにはオンショアも強くなってきて歩くのも大変でした

結果は…4位。

写真に一緒に写っているのは、
いつもお世話になってるサーフショップ「CCC」のスタッフまなみちゃん。

なんとまなみちゃんはロングボードで3位!おめでとーー☆

支部予選を勝ち抜いて、全日本に行けるのは、1人だけ。
来年は支部代表になれるように1年間がんばりまーす!

Natsu

 

女子のためのオススメアウトドアレシピ

スタッフの赤ワインです。
今日はたくさんのリクエストありがとうございました!!

今日のザバーンでは、特集コーナーGood To Go!で、
「女子のためのアウトドア料理入門」をお届けしました。

『つながる外ごはん』という本も出している
料理研究家の山戸ユカさんが、
女子のためのアウトドア料理レシピを紹介してくれました。

山戸さんの話で、
男子と女子のアウトドアの違いを一番感じたのは、
山戸さんは、アウトドアのための料理グッズをあまり買わないということ。
できるだけ家にある調理器具をアウトドアに持ち出すそうです。

年に何度かしか使わず、場所もとるアウトドアグッズを買うより、
身近にあるものをうまく使うほうがいいということで、
本の中でもル・クルーゼをダッヂオーブン代わりに使ったりしています。

井手大介や僕:赤ワインをはじめ、
男性陣ならまずアウトドアグッズを買って、
これを使ってみたいからキャンプに行こう!ってなりますよね。

さて、そんな山戸さんが初心者にオススメしてくれたのが、
タンドリーチキンやジャークチキン。

ジャークチキンと言えば、ジャマイカ風の鶏肉の香草焼き。

ジャークチキンの作り方は、『つながる外ごはん』にも載っていますが
簡単に紹介すると…

<材料>(2人分)
鶏もも肉…300g
塩、こしょう…少々
じゃがいも…1個
ミニトマト…3~4個
クレソン…適量

マリネ液
セロリ…1/2本(みじん切り)
パセリ(パクチーでもOK)…1本(みじん切り)
にんにく、しょうが…各1かけ(すりおろし)
ラム酒、ナンプラー、甜菜糖…各大さじ1
好みのスパイス(クミン、コリアンダー、ミックススパイスなど)…小さじ1/2
塩、こしょう…少々

<作り方>
1.
鶏もも肉に軽く塩・こしょうを振って、15分くらいおく。
マリネ液はよくまぜておく。

2.
鶏もも肉をマリネ液に漬け、冷蔵庫で一晩以上寝かせる。

3.
ここからがアウトドアでの作業。
スキレット(フライパン)に鶏もも肉を皮を下にして入れ、
横にジャガイモを置いて強火にかけます。

4.
パチパチと音がしてきたら、ふたをして、
ごく弱火で15分間じっくり蒸し焼きに。

5.
鶏もも肉をひっくり返して、中火にして、じゃがいもに肉汁をからめます。
ミニトマト、クレソンを加え、火を止めます。

こういった家で下準備をして、
アウトドアでは焼くだけ…というような料理が初心者にはオススメなんだそうです。

そして、カレー屋さんで7年間店長もつとめた経験がある山戸さん。
『つながる外ごはん』を見ていて、
井手が一番美味しそうだと思ったこの料理の作り方も教えてもらいました。

これは、「野菜たっぷりカレー」。
美味しそうですよね!

まずは、もととなるカレーペーストの作り方です。

<材料>(4~5人分)
玉ねぎ…5~6個(粗みじん切り)
油…1/2カップ
クミンシード…小さじ1
にんにく…2かけ(すりおろし)
しょうが…にんにくと同量(すりおろし)
りんご…1/2(すりおろし)

スパイスA
ターメリック、コリアンダーパウダー…小さじ1
ガラムマサラ(カレー粉)…大さじ4

調味料B
トマトケチャップ…1/2カップ
ソース…1/4カップ
しょうゆ…大さじ1
無糖ピーナッツバター(または練りゴマ)…大さじ2
塩…小さじ1

<作り方>

1.
フライパンにクミンシードと油を入れて、中火にかけます。
クミンシードは焦げやすいので、油が温まる前に入れておきます。

2.
香りがたってきたら、玉ねぎを加えて中火で炒めます。
ややキツネ色になってきたら、
フライパンを揺すりながら飴色になるまで20分ほど炒めます。

3.
にんにく、しょうが、りんごを入れて、焦がさないように火を弱め、
さらに炒めます。
焦げ付くようだったらさらに火を弱め、
きれいな飴色になるまで15分ほど炒めます。

4.
スパイスAと調味料Bを加えてよく混ぜ、
小さな泡がふつふつと出てきたら火を止めます。
粗熱がとれたら冷蔵庫に入れ、一晩以上寝かせてできあがり。
(冷蔵庫で1ヶ月くらいは保存できます)

ここまでは家でのペースト作り。
アウトドアでは、このペーストを使ってカレーを作ります。

作り方は…
カレーペーストを1カップ半と、
コンソメ1個を溶かした水700ccを鍋に入れて火にかけます。
沸騰したらアクを取りながら、弱火で15~20分くらい煮ます。
仕上げに香り付けとして、ガラムマサラ小さじ1を入れて完成。
ここに、家で素揚げした野菜をトッピングすればOK。

美味しそうですよね!
井手大介は、さっそく作りそうな雰囲気でした。

山戸さんの本『つながる外ごはん』には、
他にもチリコンカンなど、井手が作りたいメニューがたくさんあって、
「これはを車に積んどいたほうがいいな!」と言っていたほど。

山戸さん、今度ぜひ一緒にBBQやりましょう!!

そして、山戸さん、料理教室もやっているそうです。
詳しくは、山戸ユカさんのブログをご覧ください。

 

レゲエDJのHibikillaが激アツ!サッカーソングを!

スタッフの赤ワインです。

ザバーンのチャレンジ企画で、サーフィンに初チャレンジして、
あの名曲「波祭り」を作ってくれたレゲエDJのHibikilla
今回ザバーンのリクエストに答えて、
ワールドカップチューンを作ってくれました!

これは、井手大介が
たまたま路上でHibikillaに出会って、
「オリジナルサッカーチューンを作ってよ!」
と無茶な依頼をしたところからスタート。
わずか2週間くらいで、作ってくれました!!
マジRESPECT!!

6/26(土)ザバーンのレゲエコーナー「7inch 7o'clock」で
初出ししちゃいますよ!

タイトルは、なんと「Vuvuzela(ブブゼラ)」。
かなりアゲ↑なチューンになっているのでお楽しみに!

 

明日のザバーンは夏モード全開!

スタッフの赤ワインです。

明日朝5時からのザバーンは、
「夏目前!夏ソング、海ソングオールリクエスト!」

梅雨なんて吹っ飛ばして、
いち早く夏を呼び込むために、夏ソング、海ソングをかけ倒します!

個人的に夏ソングというと、
Mondo Gross ft. birdの「Life」が好きですが、
皆さんはどうですか?

今日はサッカーを見て寝不足なアナタ!
今夜は早く寝て、明日は早起きでリクエストしましょう!

リクエストは、明日に備えて今からメールで送ってくれてもOKです!

採用されれば、もれなく豪華プレゼントが当たります!

もう初心者と言わせない!炭にすぐ火が着く「チャコスタmini」の他、
FMヨコハマ25周年記念アルミエコボトル、
FMヨコハマ25周年記念オリジナルTシャツなどなど!

さらに、夏と言えば、キャンプ、BBQってことで、
「女子のためのアウトドア料理入門」もあります。

『つながる外ごはん』という本も出している
料理研究家の山戸ユカさんが、
女子のためのアウトドア料理レシピを紹介。

たとえば…

こんな料理も!

肉を焼くだけじゃない女子心をくすぐる料理が満載。
BBQで女子にモテたい男子も必聴です!

 

釣り博士の旬の魚「ベラ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「ベラ」じゃ。

根魚釣りでお馴染みの外道と言えば「ベラ」。
世界各地におよそ500種、
日本近海だけでもおよそ130種が生息して、
ダイバーに人気のナポレオンフィッシュや、
グロテスクな顔をしたコブダイもベラの一種なんじゃ。

「キュウセン」や「ササノハベラ」など、
どれも赤や白、緑などで見た目はきれいだが、
フグなどと同じで、貝や甲殻類をガリガリ齧る丈夫な歯を持っているんじゃ。

関東ではベラを専門に釣る人を見かけないが、
関西では人気が高く、専門に狙う遊漁船もあるほど。
こうすれば絶対…といった釣り方はなく、
カワハギやメバル、カサゴ釣りの外道として釣れることがほとんどじゃ。

関東では「なんだ、ベラか~」などと嫌われ、持ち帰る人も少ないが、
関西では喜んで持ち帰る人が多く、
市場でも刺身や唐揚げ、煮付けなどの高級魚として扱われているんじゃ。
お試しあれ!

 

「稲村クラシック」今年こそ開催か?!

スタッフの赤ワインです。

湘南で幻のビッグウェーブコンテストが今年こそ開催か!?

日本のサーフシーンにおけるBig Wave Contestの先駆け、
『稲村サーフィンクラシック インビテーショナル2010』。

1981年、「ナガヌマクラシック」として行われた大会が、
「稲村クラシック」と称号を変更して記念すべき第1回を開催したのが1989年。

それ以来21年間、
待機期間中に開催に相応しいクラシカルウェーブが来なかったため、
開催を見合わせてきたこの大会。

21年目を迎えた今年は、
ウェイティング期間を例年よりも20日間ほど延長。
台風シーズンの8月1日(日)から10月20日(水)の約2ヶ月半。

JPSA(日本プロサーフィン連盟)2009年度レイティングトップ16名と、
この大会の歴代チャンピオン、日本を代表するビッグウェーバー、
そしてローカルサーファーを含む招待選手総勢30名で競い合います。

招待選手には、ハマのヤングジェネレーション新井洋人くんも含まれています。

今年はぜひ開催されて欲しいですね!

開 催 日 程 :2010年8月1日(日)~10月20日(水)までの1日間
開 催 場 所 :神奈川県鎌倉市稲村ガ崎海岸

《JPSA2009年ランキングトップ16》
田中 樹/林 健太/ダレン ターナー/ジェイソン シバタ/田嶋 鉄兵/中村 昭太/田中 英義/森 哲太
椎葉 順/浦山 哲也/辻 裕次郎/ペペン ヘンドリック/高梨 直人/小野 嘉夫/田中 ジョウ/善家 尚史

《招待選手》
大野 修聖/関野 聡/大澤 伸幸/新井 洋人/堀口 真平/大橋 海人/仲村 拓久未/脇田 貴之
関本 海人/沼田 裕一

《特別招待選手》
坂本 清克/糟谷 修自/善家 誠/小林 正明(計30名)

 

蒸し暑さ対策ドリンク完成のお知らせ

ヤーマン!
井手大介です。

この間、毎年恒例のエフヨコビーチハウスで出す、
番組オリジナルカクテル考案会(という名の飲み会)に参加してきました。

各番組のDJが集結する貴重なチャンス。
ついつい酔っぱらってしまいます。
ああ楽しかった。

今年のドリンクは、「さっぱり!ドライ!」をテーマに考案しました。
甘い飲み物が苦手な男性にも楽しんでもらおうと辛口にしてみたよ。
カクテルって甘いのが多いからね。

個人的にも大好きなwilkinsonの辛いジンジャーエールに、
数種類の酒を混ぜて飲み比べた結果、ジンが一番合うことが判明。

イデ「あれ、でもこの組み合わせって既にカクテルとしてありそうじゃ、、、」
福田明子「わかった!ジンバックだ!」
イデ「あ、、、やっぱり美味いはずだ。」
鈴木裕介「この味は完成されてるね。さすがジンバック。」
杉山玲子「あはははは。私のも飲んでくださいよ、井手さん!」

オリジナルカクテル考案会のはずがジンバック試飲会に、、、

その後、無理矢理にでもオリジナリティを出そうと試行錯誤した結果、
生の生姜スライスを入れることに決定。

こうして完成したオリジナル?カクテル「エキストラドライジンジャー」。

シュワッと蒸し暑さを吹き飛ばす大人の味です。
ぜひ大人達に飲んで頂きたい。

また酔っぱらった。

 

マンゴー隊釣果報告

スタッフの赤ワインです。

今週もリスナーの皆さんからたくさん写真を送って頂きました。
みなさんたくさん釣ってますね!!


寧音ちゃんパパです。
先々週、約2年ぶりに妻と2人でフローターをしに千葉県の某湖に行ってきました!

この2年は海釣りにドップリはまっていたので、
久しぶりのバスフィッシングで、
バスフィッシングのしかたを半分忘れてましたが、
なんとか2匹のバス(44、40センチ)(2回バラし)を釣り上げることができました!

妻は残念ながら釣り上げることはできなかったけど、
久しぶりにフローターで湖に浮かべてストレス発散になったみたいです。

明日は妻のリベンジとさらなるランカーを目指し、
友人も連れてフローターに行ってきます!

やっぱりバスフィッシング最高ぉ~


海老名のじゅんです(^_^)v
日曜日に真ん中の娘がアオリイカ釣りに行きたいって言うので、
連れて行ったらビックリな1.3キロを釣り上げてしまいました!!

生きているイカを見てかなり嬉しかったみたいです。
これで釣りキチになってくれるのを期待してます。


南足柄の金太郎です。

6/17(木)、この時期しか味わえない東京湾のショウサイフグ白子狙いで出陣!

いつもは八景の船宿使うんですが、
前日の水曜日、しけで出船出来ず(涙)

で、翌日の木曜日に初めての船宿、鴨居の一郎丸に行ってきました。

平日にも関わらず片舷14名づつの大盛況~。
聞くと皆さん『白子が食べたい~』って事で。。。

当日は風予報が全く外れ終日潮後状況で苦戦の釣り(汗)

オイラはオマツリ多発するんじゃないかって予想して、
船の先端のお立ち台へ。

船中釣果は0-10匹で全体的に渋い中、
リリース1匹含め9匹釣ることが出来ました。

肝心な白子入りですが、
8匹捌いて貰って4匹分の白子が入っていて、
型から言えば満足って感じの釣行でしたよぉ~

 

『牛肉の煮込みベルギー風』レシピ

スタッフの赤ワインです。

毎月第3土曜日は、ザバーン的に「ダッヂオーブンの日」。
6/19(土)のザバーンでは、
日本ダッチオーブンライフ振興会理事長、中山千賀子先生に、
「牛肉の煮込みベルギー風」のレシピを教えてもらいました。


今回はダッチオーブンが一番得意な煮込み料理 『牛肉の煮込みベルギー風』。

ベルギーはジビエから海産物まで、
豊かな食材に支えられた美食の国として注目されています。

今回は、「ベルギービール」を使います。
どのビールでも良いですが、
「スタウトとかポーター」と言われる「黒ビール」の方が、
色や香りなど、独特の風味がこの料理に合っています。

作り方です。
今回の食材、牛肉(バラ、ロースなど)は塊で1kg位使います。
高いお肉でなくてもダッチオーブンなら充分に美味しく出来ます。

5cm角に切って塩胡椒した牛肉を、
プレヒートしたダッチオーブンに入れます。

オリーブ油とバターでしっかり焼いて一度取り出します。

次に、玉葱の薄切り6個分を入れて、
飴色になるまでしっかり炒めます。
(ダッチオーブンは飴色の炒め玉葱があっという間に出来ます。)

玉葱が炒まったら、先程の牛肉を戻して、
ここへ1リットルのビールを注ぎます。
お好みですが、私はいつもブロンドと黒ビールを半々で入れます。

次に、きび砂糖、ワインビネガー、ローリエ、
スパイス(シナモン、クローブ、ナツメグ、アニス)を
少しずつ振り入れてフタをして煮込みます。

(ちなみに、本場フランスでは、
 スパイスの代わりに「パンデピス」というパンケーキをスライスして加えます)

牛肉が柔らかくなったら、
スライスしたフランスパンにマスタードをぬって加えます。

パンがなじんでとろみがつくまで煮込めば出来上がりです。

とろける程柔らかい牛肉にたっぷりと使った玉葱の甘み、
そしてビールのほのかな苦みがなんともいえない風味でとても美味しいです。

ちなみに、今回の食材費は7~8人分で、約2500円です。

 

Mt.富士ヒルクライム報告 5合目

スタッフの赤ワインです。

富士山のふもと:北麓公園から、
富士スバルラインを通って、富士山5合目まで
距離にして24km、標高差にして1255mを自転車で登る
日本最大級のヒルクライムレース「Mt.富士ヒルクライム」。

今回、出場するマンゴー隊自転車部のメンバーは、4人。

☆井手大介(4回目) 目標 1時間30分

☆元ADアレイ(2回目) 目標 1時間30分

☆新人ADオーツー(初出場) 目標 2時間

☆リスナー代表 桃さん(初出場) 目標 完走

見所は…
内山監督に「目標ではなく使命」と言われた1時間30分を
井手大介は果たして切れるのか?

そして、ライバル心をむき出しにしている新旧AD対決。
先輩ADのアレイが先輩の意地を見せるのか、
それとも、新人ADオーツーが22才という若さで勝つのか?

朝7時。ついにレースの火蓋が切って落とされました。

目指すは、富士山5合目です。

井手の目標タイム1時間30分を越えた頃には、
5合目にはゴールした選手たちが続々と終結。

この5合目にマンゴー隊自転車部の4人はいるのか?!
そして、タイムはどうだったのか?

リスナーの桃さんも無事完走!
4人揃って5合目に到達できました。

そして、気になる4人のタイムは…

井手 大介 1:59:32

元ADアレイ 1:41:12

新人ADオーツー  1:44:06

リスナー桃さん 2:10:17

…という結果でした。

井手大介は、一度も休まずゴールしたものの、
去年のタイムより3分遅く、
使命の1時間30分からは遠い結果となってしまいました。

内山監督に原因を聞いてみたところ、
「いや、無理でしょう!朝からラーメン、パン、お餅まで食べてちゃあ…
 お腹がポッコリしてましたし、
 ホイールを軽くした分より重くなってましたよね」

井手がカーボローディングと称して、
このスーパー炭水化物の朝食を食べたのが、朝の5時頃。
レースのスタートは7時なので、当然消化もされず…
レースに臨むことに。

来年は食べ過ぎに注意しましょう…。

さて、完走した者だけが味わえる御褒美、下り坂。

下り坂とスピードが大好きな井手は、
写真を撮ろうと思った時には、もう下っていました…

そして、下り終わった後のもうひとつの御褒美はこれ。

出来立ての温かいうどんです!

これを食べながらお互いの労をねぎらい、
そして、語り合います。

そして、来年へ向けて、思いを新たにします…

マンゴー隊自転車部。
これからも様々なレースに参加していきます。
お楽しみに!

 

FREEASY BEATSが新曲披露&ライブ招待

スタッフの赤ワインです。

今日のザバーンのゲストは、
兄弟デュオ「FREEASY BEATS」!

FREEASY BEATSと言えば…

ザバーンのチャレンジ企画で、初めてウィンドサーフィンにチャレンジ。
茅ヶ崎から1.2キロ沖のエボシ岩まで、ウィンドサーフィンで行く挑戦をしました。
弟は、1回目で、兄は2回目のチャレンジで成功!
そこから名曲「エボシ」も生まれました。

そして…

サーフボード作りにもチャレンジ。
神聖なシェイプルームに入って、
自ら一部をシェイプしてサーフボードを作りました。

この板を見て、ザバーンリスナーから海で話しかけられることも多いそうですよ。
嬉しいですね。

そんなアウトドア大好きなFREEASY BEATSが、
まだタイトルも(仮)という新曲「Sunshine」をスタジオ生演奏してくれました。

またまた海が浮かぶような素敵な曲です。
今度のライブでも聴けるんでしょうか?

フリージー主催のライブイベントがあります!

■FREEASY BEATS presents 「BRIDGE OF SOUND vol.2」■
7/8(木) 開場:午後6時 / 開演:午後6時30分 
渋谷 Club Asia
出演:FREEASY BEATS、椎名純平、Romancrew、LiquidFunk

 

Mt.富士ヒルクライム報告 4合目

スタッフの赤ワインです。

富士山のふもと:北麓公園から、
富士スバルラインを通って、富士山5合目まで
距離にして24km、標高差にして1255mを自転車で登る
日本最大級のヒルクライムレース「Mt.富士ヒルクライム」。

カテゴリーや目標タイムで分けられ、
5分ごとにスタートしていきます。

ザバーンチームで一番最初のスタートとなったのは…

リスナーの桃さんです。

そして…

井手大介&ADアレイがスタート。

最後にスタートしたのは、新人ADオーツー。
自己申告した目標タイムが遅かったため遅れてのスタートです。

笑顔でガッツポーズ、余裕の表情を見せています。
果たして先輩ADアレイの記録を抜けるのでしょうか。

この富士北麓公園からスタートしますが
実は本当のスタート地点はここではありません。

そう、前回のレースが終了したときから、
本当の意味で今年のレースがスタートしていたのです!
…って、そういうことではなくて…
この北麓公園をスタートして、坂道を登ることおよそ1kmくらいでしょうか。
富士スバルラインの料金所付近で計測がスタートします。

なので、最初は、無理せず、
体力を温存していかなくてはいけません。

今回、レースに出ない僕:赤ワインは、
みんなを見送ったところで、キャンプ場へと戻ります。

昨日のBBQの片づけをしたり、
みんなの荷物をまとめてチェックアウトしたりしなくてはいけないんですが、
その前に…

キャンプ場の入り口で「いでぼく」発見!
ソフトクリームは見かけますが、ジェラートなんて珍しい。
美味しそう…

レースを頑張っている皆には悪いけど…
ここは、井手くんの健闘を祈って、いでぼく…食べときますか!
いっただきまーす!


 

釣り博士の旬の魚「ムラソイ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「ムラソイ」じゃ。

ムラソイは、カサゴ目フカカサゴ科の大きな口をした肉食性の魚で、
大きなものは40センチ前後になるんじゃ。

水深50センチに満たない潮溜まりから、
水深20メートルほどの浅い岩礁帯に生息していて、
ボート釣りや堤防や磯からの投げ釣りでメバルやカサゴに交じって釣れるんじゃが、
最近は岸からのライトタックル・ルアーが人気じゃ。

日中は岩陰に潜んでいるため、
岩やテトラの隙間に竿先ごとルアーを突っ込む釣りも人気じゃ。

投げ釣りや船釣りの場合は、
シンプルな2本針の胴付き仕掛けにゴカイや冷凍のイワシやコウナゴ、
ルアーの場合は、
ミノープラグや小さなジグヘッドにストレート系のワームがおすすめじゃ。

エサをくわえると根に潜り込むので、リールのドラッグを多少強めに設定し、
潜り込まれる前に、多少、強引に抜き上げるのがコツじゃ。

根に潜り込むと、エラを広げるのでなかなか抜けなってしますぞ。

上品な白身で、大きなものは刺身、
小さなものは煮付けや塩焼き、鍋物などにすると美味しいぞ。

これからの時期、浅場に乗っ込んでくる(産卵を前に粗食いする)大型を狙えるチャンスじゃ。

 

マンゴー隊「エギング」報告

スタッフの赤ワインです。

いつも釣果報告を送ってくれる湘南釣りオヤジさんから
おめでたい報告が届きました!
ダッヂオーブンのイカ料理…アイデアのある人はコメントよろしくです!

ここんところ全然だめです~困ったもんです~
釣れない所に今週から赤潮の発生!
これが追い打ちをかけて、、、、

金曜夕方に赤潮の被害の少ない江の浦に~

すると~お友達が!1200程のをゲット!
すぐに門限で帰ってしまった友達と場所を入れ替わってもらい~

すぐ!!!キター 1100g!

今年初のキロ越えでした~

この子は冷凍して夏のキャンプに一夜干しでいただきます!

我が家のキャンプには烏賊の一夜干やら烏賊ソーメンしちゃいます!

ダッチで出来る烏賊料理って無いっすかね!?

 

マンゴー隊「ダッヂオーブンレシピ」

スタッフの赤ワインです。

町田のみきパパさんが、
釣れた岩魚(イワナ)の写真と一緒に、
ダッヂオーブンのレシピを送ってくれました。

Image111.jpg

今、聞いてたら、
大ちゃんの作った鳥のお粥食べてみたくなりました!
ダッチオーブンの料理で、
簡単で 誰からも好評なレシピを 送りますよ。

スペアリブを一晩タレに漬けて(タレは既製品でも可)、
ダッヂオーブンの中に、スペーサーで5センチ位の高さに網を置いて、
その上にスペアリブを並べ、
弱火で蓋にも炭を乗せて20分から30分位焼けば、出来上がり。

周りにジャガ芋など並べても おいしいですよ、

家なら焼く前に蓋を別に焼いておいてかぶせれば炭いらずですよ。

ちなみに、今週の水曜に、
宮が瀬の上流で、25センチの岩魚が釣れましたよ

 

Mt.富士ヒルクライム報告 3合目

スタッフの赤ワインです。

富士山のふもと:北麓公園から、
富士スバルラインを通って、富士山5合目まで
距離にして24km、標高差にして1255mを自転車で登る
日本最大級のヒルクライムレース「Mt.富士ヒルクライム」。

レース前日は雨模様でしたが、当日は、朝から晴れ!
富士山も綺麗に見えています。

井手大介は、当日朝4時30分には起きて、
火を起こし、餅を焼いて、昨日の残りの鶏スープでラーメンを作り、
パンを食べ、栄養補給。
そして、朝6時過ぎにはレース会場へと向かいます。

今回、出場するマンゴー隊自転車部のメンバーは、4人。

☆井手大介(4回目) 目標 1時間30分

☆元ADアレイ(2回目) 目標 1時間30分

☆新人ADオーツー(初出場) 目標 2時間

☆リスナー代表 桃さん(初出場) 目標 完走

見所は…
内山監督に「目標ではなく使命」と言われた1時間30分を
井手大介は果たして切れるのか?

そして、ライバル心をむき出しにしている新旧AD対決。
先輩ADのアレイが先輩の意地を見せるのか、
それとも、新人ADオーツーが22才という若さで勝つのか?

さて、いつもザバーンチームを強力にサポートしてくれている、
世界最大の自転車メーカー「GIANT」。
レース前に、GIANTのブースに行ってみると、
井手の愛車キラークイーン号がいつもとちょっと違う様子…

実は…

なんと、1時間30分切りを目指す井手のために、
超軽量ホイールに変えてくれていたんです。

ローラー台で試してみると…かなり走りが軽いようです。
内山監督、渋井さん、いつもありがとうございます!

そして、さらに「使命感」を感じる井手大介でした…。

レース直前には、シャ乱Qのドラマーまことさんも応援に来てくれました。

さぁ、いよいよレースがスタートです!


 

「ガルヴィ」7月号発売中!

スタッフの赤ワインです。

今月も我々ザバーンチームのバイブル
アウトドア&RVテクニックマガジン「ガルヴィ」が発売になりました。

gar201007.jpg

今月号の特集は…

初心者のための道具選び~テント泊~サイト作りノウハウ集
この夏、挑戦! キャンプデビュー入門

この夏、キャンプデビューを目論んでいるパパは必読です。

なにせキャンプに限らず、「デビュー」には失敗がつき物。

先日の富士山キャンプでザバーンチームは、
使い慣れないガソリン式ランタンの「マントル」
(電球で言うところのフィラメント部分)に衝撃を与えて、
粉にしてしまいました…

ガルヴィによると、
夜までテントの組み立てが終わらないとか…
テントを組み立てたものの裏表が逆だったとか…
ブログを読んでくれているマンゴー隊の皆さんは、
キャンプでの失敗談ありますか?
あったらぜひコメントしてくださいね!

まぁ、このくらいの失敗なら、いい思い出にもなりますが、
致命的な失敗をしてしまうと、
奥さんやお子さんに、
「もうキャンプはヤダ」と言われてしまうかもしれません…

そうならないためにも読んで、勉強してから行きましょう!

初心者で大事なのは、キャンプ場選び。
キャンプデビューに適したキャンプ場の条件は、どんなキャンプ場になりますか?
「自宅から2時間」、「高規格」、「レンタル充実」、「管理人常駐」。

ガルヴィの岡田副編集長は、
ザバーンチームもいつも使っている「PICA」をオススメしてくれました。

ちなみに、PICAのように高規格のキャンプ場は、
トイレがキレイだったり、お風呂がついていたりするので
初キャンプの女性にも人気で、
「まだキャンプに行きたい!」と言ってもらえる確率が高いとか?!

さらに詳しい情報は、ガルヴィをチェック!

 

インターナショナルサーフィンデー

スタッフの赤ワインです。

サーファーの祝日、
「インターナショナル・サーフィン・デー」って知っていますか?

毎年、夏至の日に世界中のサーファーと一緒に、母なる海を祝って、
サーフィン、砂浜、海、そして海浜環境への熱い思いを分かち合って、
再認識することを目的に作られた日なんです。

これに合わせて、
サーフライダーファウンデーションジャパン
平塚でイベントを開催するそうです。

6月20日(日)、湘南ひらつかビーチパークで、
インターナショナルサーフィンデー開催。

平塚では、今年で3回目の開催。

内容も年を追うごとに充実していて、今年は…
・のびのびと気持ち良いビーチヨガ
・ウクレレの生演奏やフラダンス・ショー
・気軽にアート体験できるワークショップ
・ビーサン飛ばし大会、
・プロが直接指導してくれるサーフィン・ボディーボード体験スクール

スクールには子供から大人まで参加できます。
波乗りには興味あるけど、今までチャンスの無かった人も、
この機会に思い切ってチャレンジしてみませんか?

全てのアクティビティーは参加費無料。
ただし、サーフィン・ボディーボード体験スクールは、
傷害保険の実費500円が必要になります。

【開催日時】
2010年6月20日(日)
※小雨決行。悪天候の場合は中止となる場合があります。

【開催場所】
平塚海岸「湘南ひらつかビーチパーク」
アクセスは、コチラ

【当日のスケジュール】
9:00~ サーフィンスクールの申し込み、受付
9:30~ イベント開始
9:40~ ビーチクリーン(約30分)
10:20~ ビーチヨガ(約30分)
10:50~ スクール準備(着替え、追加受付)
11:20~ サーフィン・ボディーボード体験スクール開始(約70分)
12:30~ 休憩
13:30~ ウクレレライブ、フラダンスショー(約45分)
14:30~ フリータイム(約70分)
     ・サーフフォトアート教室
     ・ビーサン飛ばし大会
15:40~ ビーサン飛ばし大会表彰式、閉会式
16:00  イベント終了

※スケジュールは天候や波の状況により、
 またイベントの進行状況により変更になる場合あり。

【持ち物】
○サーフィン・ボディーボード体験スクールに参加の方:
 バスタオル・水着(ウェットスーツをご用意します。子供用130㎝~)

○ビーチヨガに参加の方:
 下に敷く、大判のバスタオルをご用意ください。

 

山登りミュージシャンOJIライブ情報

スタッフの赤ワインです。

Mt.富士ヒルクライム取材で泊まったキャンプ場で、
LEDランタンを初めて使ってみました。

新しい道具を初めて使う時って本当にテンションあがりますよね!

明るさは十分ですが、
時間とともにだんだん暗くなってくる感じがしました。

さて、スタジオに自慢のプリムスのランタンを持ってきてくれたのは、
山ソングを歌っているOJIさん。

ちなみに、OJIさんはロードレーサーに乗っていて、
「僕も来年は、Mt.富士ヒルクライムに出場したい!」と言っていました。

登山に飽き足らず、自転車でも山に登りたいとは!
OJIさん、本当に山が好きなんですね。

そんなOJIさんのライブがあります!
僕も行けたら行こうと思っています!

【OJI Demo Climb~2合目~到達記念パーティー】
6/16(水) 渋谷wastedtime(東急ハンズの近く)
open18:30 start19:30

 

今年はサーフィンにチャレンジしよう!

スタッフの赤ワインです。

サーフィンやボディボードを始めたい女の子に
オススメの情報ですよ!

今年からサーフィンを始めてみたい!
とりあえず体験してみたい!というアクティブガールに
あのサーフブランドROXYのプロライダー達が、
親切にレッスンしてくれるイベント
「ROXY SURF CAMP 2010」が開催されます。

参加者全員には、ROXYのイベントオリジナルグッズもプレゼントされます。

エントリーは現在受付中です。

ザバーンチームも取材に行く予定です。

『ROXY SURF CAMP 2010』

場所:辻堂海岸
日時:2010年7月24日(土)
エントリー期間:6月1日(火)~6月30日(水)
エントリー費::4000円
エントリー方法:ホームページ内のエントリーフォームから


 

釣り博士の旬の魚「サヨリ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「サヨリ」じゃ。

漢字で、「針魚」や「細魚」と書くように、
サンマのように細長い魚で、下顎が尖って突き出しているんじゃ。
大きなものは40センチ前後まで成長し、
20センチ前後の小さなものを「エンピツ」、
大きなものを「カンヌキ」などと呼ぶこともあるんじゃ。

海面を群れで泳ぎ、
動物プランクトンや小さなエビ、浮遊する海藻などを食べてるんじゃ。

料理すると腹の中が黒いので、
釣り人のあいだで「サヨリみたい……」というのは、
見た目がスマートな人のことじゃなく、「腹黒い人」のことなので要注意。
サヨリにとっちゃ、迷惑な話しじゃの~。

釣り方はウキ釣りやフカセ釣りが一般的で、エサはアミエビ。
防波堤の角など、潮通しの良い場所が有利で、
臆病な魚なので、群れを散らさないよう、静かに釣ることが肝心じゃ。

また、回遊魚なので、
昨日まで爆釣してたのに、今日はもぬけの殻、なんてこともあるので、
電話やインターネットで最新情報をチェックすることも肝心じゃ。

白身の高級魚で、刺身や天ぷら、塩焼き、干物などにすると美味しい。
このところ海づり施設で釣れているようなので、これからいかがかの~

 

鮎釣り

スタッフの赤ワインです。

水曜日、雨の降る中、
多摩川の二子橋上流で、
SWITCH!KAWASAKIの取材にお邪魔して、
鮎釣りにちょっとだけチャレンジしてきました。

鮎は、秋に、下流の砂底に産み付けられた卵から孵った幼魚が、
いったん海に下て、次の年の春、7cm程に成長して、
再び産まれた川を遡上します。

この頃までは、肉食で、
小さい甲殻類の幼生や昆虫の幼虫を食べています。

ところが、川を遡上すると、
石についたコケを、下顎を使って削り取って食べるようになります。

コケを食べることから、
「香魚」とも言われるように、スイカのような独特の香りになるんです。

鮎釣りにはいろいろな方法があって、
おとり鮎を使って、鮎の縄張り争いを利用して釣る「友釣り」、
毛鉤を使って釣る「ドブ釣り」、
そして、大きいオモリの後ろに釣り針をたくさん付けて、
鮎をギャング釣りのように引っ掛けて釣る「コロガシ」があります。

この日、多摩川で見かけたのは、コロガシ。

こんな針を使って、川底を転がして、鮎を引っ掛けます。
この日は、みなさん、5分に1匹くらいの頻度で釣れていましたよ。

井手大介も少しだけチャレンジさせてもらいましたが、
これがなかなか難しいようです…

こんな近場で美味しい鮎が釣れるなんて、
ちゃんと本格的にやってみたくなっちゃいますね!

ちなみに、今年は、多摩川には例年よりも多い170万匹の鮎が遡上する見込み。
今のところ、10~15cmと小さめなんですが、数は多いとのこと。

井手大介は、今回、釣りを教えてくれた方に
釣りたての鮎をもらっていましたが、どうやって食べたんでしょうか。

この大きさならてんぷらが一番美味しいそうですよ。


 

マンゴー隊釣果報告

スタッフの赤ワインです。

今週もリスナーの皆さんから釣果報告をいただいたので
まとめて紹介しちゃいます!


chouka1.jpg

神奈川の1091(イレグイ)です。
うちの糞ガキ、ボート釣りデビューさせました。
釣果の方は、白ギス19匹 ピンギスはリリースです。
夕飯には、刺身、塩焼き、フライにしたところ、
ウッメッェーを連呼してやがりました。

chouka2.jpg

こちらは、鯛ラバでゲットの獲物です。


201005300010000.jpg

大介さん、おはようございます。
先週の土曜日に友人と本牧へ夜釣り行って来ました。
天気は雲~雨、大潮で、餌は青イソメ、
釣れた魚はメバル・アジ・フッコと良く釣れましたよ。

そして、最後に釣り上げたのは 83センチのスズキで、
45センチのタモになかなか入らず、引きを楽しんでしまいました。

あの竿のしなりと引きが忘れられません。

PS 日曜日から毎日魚料理が続いています。
スズキの刺身、塩焼き、ムニエル、メバルの煮付け、アジの塩焼き…魚三昧です。

 

「第5回imaパドボグランプリ」報告

スタッフの赤ワインです。

番組でもたびたび紹介しているパドボグランプリ。
5月30日(日)に鎌倉市材木座海岸で開催されました!

ザバーンでパドボ体験をしたときにもお世話になった
オクダスタイルサーフィング」の奥田さんが大会レポートを送ってくれました!


ちょっと肌寒い曇り空でしたが、
日本で唯一のスタンドアップパドルボーディングの大会
「パドボグランプリ」が元気良く行われました。

今年で5回目になるこの大会、
地元神奈川を始め、東京、千葉、静岡、
遠くは大阪や富山県からも参加選手がありました。

最年少は11歳、最高齢は61歳と、
この新しい水上スポーツの幅の広さを感じます。

パドボグランプリは競技種目も幅が広い。
コースレース、スラローム、
ウェイブパフォーマンス(つまりスタンドアップパドリングでのサーフィンコンテスト)、
それとフィッシング!!

メインスポンサーのルアーメーカー「ima」の協力もあり、
パドボフィッシングが着々と普及されています。

開会式には松尾崇鎌倉市長もご挨拶いただきました。

padobo5.jpg

総合優勝(パドボグランプリ)の選手には、鎌倉市長杯が授与されます。

そして、大会会長の奥田哲が、毎回、手作りするパドル型のトロフィーも羨望の的。

大会MCは、FMヨコハマの元気キャラ、杉山玲子ちゃん!

ちゃっかり「Asaren」の宣伝もしまくってましたね。

毎回、鎌倉マリンスポーツ連盟が主催して、
パドボグランプリと同時開催される「マリンスポーツフェア」(笹川スポーツ財団協力)は、
横浜F・マリノス Jリーグの「マリンスポーツチャレンジ」というイベントの一環で、
ヨット、カヌー、ウインドサーフィンやパドボなどなど、
いろいろなマリンスポーツを誰でも無料で体験できる!という素晴らしい企画です。

ヨットに乗って、みんなでカヌーを漕いで、
ひとりでパドボを漕いで、サーフィンして、ウインドサーフィンして…なんて、
こんな贅沢な1日は、他ではありえません。

寒空にもかかわらず、老若男女250名以上の人たちが、
マリンスポーツを楽しく体験しました。

この企画は、来年もやりますよ。
みなさん、ぜひ遊びに来てくださいね!

 

Mt.富士ヒルクライム報告 2合目

スタッフの赤ワインです。

レースには参戦していないのに、
疲れで更新が遅くなってしまいました。
お待たせしました。

Mt.富士ヒルクライム報告のBBQ編です。

今回も宿泊はもちろんマンゴー隊自転車部の定宿
キャンプ場の「PICA富士吉田」。

今年は、PICAでもヒルクライム参加者の受け入れ態勢がパワーアップ。
生ビールが180円で飲めちゃう「前夜祭」や、
PICA宿泊者の中からトップ10を表彰…などなど、
とても楽しげでした。

僕らが泊まったのは、キャンピングパオ。

まずは、荷物をパオに運び込んだら、BBQスタートです!

火起こしについてはいろいろと学んだマンゴー隊。
今回は、スムーズにスタートを切って、
まずは時間のかかるダッヂオーブン料理を準備。

こちらは、今回、
日本ダッチオーブンライフ振興会の中山千賀子先生が
井手大介に下した課題料理の「丸鶏の中華粥」。

90分、じっくり時間をかけて煮込んでいきます。

こちらは、「鶏もも肉といろいろ野菜の蒸し焼き」。
主役は、コレです!

日曜朝5時からのAsarenの杉山玲子ちゃんが育てた「Asaren玉ねぎ」。

さぁ、ダッヂオーブン料理の出来上がりは…

こちらは、丸鶏の中華粥ですが、湯気で見えませんね~。

かなり美味しそう!!

身が本当にやわらかくなっていて、簡単にほぐれていきます…

実は、井手大介、家で練習のために2回作ったそうですが、
今回作った中華粥が一番美味しかったそうです。

シラスをかけたり、漬物をのせたり、食べるラー油をかけたり…
各々のスタイルで食べました。

そして…

「鶏もも肉といろいろ野菜の蒸し焼き」も大成功。
井手大介が発見したんですが、
もも肉と玉ねぎを一緒に食べると、激ウマ!!!
玲子ちゃんが育てた玉ねぎは本当に甘くて美味しかったです。
ごちそうさまでした!

Asaren玉ねぎ、ダッヂオーブンに入りきらなかった分は、BBQへ。
そして、その隣にいるのは、
肉より魚介派の赤ワインがどうしても食べたくて買ってきたマグロのカマ。
肉のハナマサで冷凍で2個900円でした。

そして、餃子の皮を使った赤ワイン特製のミニピザ。
こちらも好評でした。

この後、GIANTのプレス担当の渋井さん、プチ監督も駆けつけてくれて
おなかいっぱいで、美味しかったBBQも終了。

午前0時を迎える頃には、明日に備えて就寝しました…

 

Mt.富士ヒルクライム報告 1合目

スタッフの赤ワインです。

土曜日の放送終了後、
井手大介&スタッフ&リスナー代表の桃さんで、
Mt.富士ヒルクライムの会場となる
富士北麓公園へと向かいました。

会場に着くと、空模様は…

ちょっと怪しく、小雨がパラついていました。

そんな中、まずはエントリーを済ませます。

そして、次に向かうのは、もちろん…

1番人気の屋台「フジサクラポーク生ウィンナー」…ではなくて、
コチラです!!

いつもザバーンチームを強力にサポートしてくれている
神奈川に本社を置く世界最大の自転車メーカー「GINAT」のブース。

GIANTのブースでは、最新モデルの試乗などはもちろん、
GIANTユーザーの方は、
レース前のメンテナンスなどのサービスを受けることができます。

ザバーンチームもメンテナンスに預けていた自転車を受け取り、
初めてレースに出場するメンバーもいるということで、
富士スバルラインを試走しに行こうと思ったら…
雨脚が強まり、とても走れる状態ではなくなってしまいました。

そこで、この時間を使って、各メーカーのブースを回ります。

今年の4月からザバーンADとなったO2(オーツー)は今回、初参戦。
3月までザバーンADだった先輩アレイの記録を超えるために、
まずは、GIANTのプレス担当:渋井さんのアドバイス通りに
ドリンクや栄養補給を買い揃えます。

こちらはGIANTの隣のブース。
日本人の頭にピッタリなヘルメットを作っている「OGK KABUTO」。

新城選手も愛用している最新モデル「REDIMOS(レジモス)」では、
カーボンフレームを採用して、安全性が向上しているんだそうです。

展示品処分なんていう嬉しいチャンスに出会えるのも、
レース会場のメーカーブースならでは。

そんな感じでブースを回っているうちに、雨がやんできたので、
先輩ADアレイが、今回初出場のリスナー桃さんと新人ADのO2を引き連れて、
富士スバルラインの入り口まで試走します。

あれ?井手大介は?

「試走?もう4回目の出場だし、オレは大丈夫!」

余裕を見せて、試走には行かず、フードコーナーで腹ごしらえです。
この後、すぐキャンプ場に行ってBBQなんですけどね…

次回は、レース前夜、キャンプ場でのBBQの様子を紹介します!

お楽しみに。

 

AD O2(オーツー)のチャリンコ奮闘記~レース前日篇

押忍!
ご無沙汰しております!!
新人ADのO2(オーツー)です!

ついに本番を迎えるということで、既に興奮しつつある状態です!

さて自分は今日まで何をしていたかと言いますと…

ほとんど練習できてませんでした。

せっかくみなさんに修業先をおしえて頂いたのに、
出稽古することができませんでした。

でもヒルクライムが終わった後には、必ず行きます!

ところで、今日の今日まで何もしてないかと言うと、
そんなことはありません!

実は先日、宿河原の「妙楽寺」に
武者修行と題して出稽古に行きました!

あじさいで有名なこの妙楽寺。
府中街道から坂道をのぼって行くとあるのですが…
これが、ディレクター赤ワインさん曰く、
「仮想富士山の坂」にもってこいとのことなので、
シャカシャカとコイできました!

なかなかの急な勾配ですよね。

すぐに足はパンパンになるわ、
妙楽寺に到着したら蚊にさされるわで大変でしたが、
本番前になんとなくイメージを持つことができました。

上り道では周りの景色を見る余裕がなかったのですが、

下りの時は色づき始めたあじさいがあることに気づきました。

IMG_0633m.jpg

IMG_0634m.jpg

妙楽寺のあじさいもまだ白かったのですが、
これからキレイに色づくと思うので
おすすめの自転車スポットと言えるでしょう!

今日の放送では、
「スタート時に無理し過ぎないように」とのアドバイスを頂戴したので、
明日は心して臨みたいと思います!

目標は、「先輩ADのアレイさんより早くゴールすること」

ちなみに、アレイさんは、前回、ザバーンチームでトップの1時間46分。
今回は、マウンテンバイク用のSPDシューズを手に入れて、パワーアップ。

そして、それに対抗する井手さんも、
ロード用のシューズを手に入れて、パワーアップ。

果たして初チャレンジの僕が勝てるんでしょうか?

ちなみに、井手さんは、
黒地に青であばら骨が書いてあるジャージ、
僕は、背中にFヨコステッカーを貼っていますので、
GIANTブースなどで見つけたら声をかけてくださいね!

それではみなさん応援よろしくお願いします!

そして参加する方々、共に頑張りましょう!

アディオス!!

 

博士からの回答じゃ~マルイカ編

博士じゃ。
今日は、わし宛の質問が届いていたので答えようと思う。

「タコ釣り名人」からの質問じゃ。

先週の釣り情報で、
「城ヶ島でマルイカが上がってると聴いたんですが
マルイカの釣り方、狙いどころ、時間帯をぜひ教えて下さい!
堤防でエギングしたことあるんですが、イカを釣れた試しがありません

いい質問じゃ。

マルイカは2月中旬ころからシーズンインするんじゃが、
春先の水温の低い時期は70メートル前後の深場を狙うので、ちょっと難しいんじゃ。

だが、最盛期のこの時期は水深20メートル前後の浅場で釣れるため、
イカ釣り入門に最適じゃ!
(城ヶ島沖はちょっと深く、30メートル前後)

仕掛けは「スッテ」と呼ばれるプラスチックの疑似エサを使うんじゃが、
ルアーと同じくフローティング(浮く)とシンキング(沈む)タイプがあって、
色も派手な蛍光色から地味な茶色や濃紺まで様々じゃ。

以前は15センチほどのハリスにフローティングのスッテを結んだ、
「ブランコ仕掛け」が主流だったが、
最近は1センチ前後の短いハリスにシンキングのスッテをつけた、
「直ブラ仕掛け」が流行じゃ。

スッテの数はいずれも5~6本で、
下がダーク系、中間に派手目、上にブルーや緑系が一般的。

ポイントや時間帯は、岸釣りと違い、遊漁船の船長任せじゃ。
(ちなみに城ヶ島周辺の乗合い船は早朝の5時半ころ出船)

船長の合図があったら、仕掛けを素早く投入し、
マルイカが乗ったら、身が柔らかいので、一定の力で巻き上げるのがコツじゃ!

ちなみに、イカは、直接氷水につけると硬くなるので、
ビニール袋に入れてからクーラーへ!

みなのものからの質問もメールで待っておるぞ。

 

キラークイーン号 パーツ自慢

ヤーマン!
井手大介です。

いよいよ6/6(日)に開催の「Mt.富士ヒルクライム」!
ヒルクライムレースも目前に迫ったので、
最近手に入れたパーツ自慢しちゃいます。

「楽する」という贅沢を買いました。

まずはロードバイク専用ビンディングシューズ。

パールイズミの「オクタンSL」。
これ超軽量なんです。
びっくりするほど軽い。

ソールはカーボン製。
固くて軽い!

そんでもって、ペダルも必要になったので、
LOOKの「KEO2MAX」。
グラスファイバー製のものです。
チャリのカラーに合わせてホワイトをゲット。

ビンディングをはめるとこんな感じ。

正直、ロード用の靴なんて、ソールが固くて歩きにくいし、
ペダルも普通の靴じゃ漕ぎにくいし、
装着してもすぐに外してレースの時にしか使わないんだろうと思っていました。

が、セッティングが出来てある程度の距離を乗ってみると、
今までのものと比べ物にならないくらいの軽さで快適すぎて驚きです。

こんなにもラクチンになるのか。
いまでは外される気配がありません。
以前まで使っていたペダルとシューズの出番はもうないのだろうか、、、

カバンには「履き替え用の靴」という荷物が仲間入りした今日この頃。

そして、Mt.富士ヒルクライムまであと3日に迫った今日、
いつも僕らのレースチャレンジを支えてくれているGIANTのチームに
自転車を預けるために、
仕事先の目黒から、GIANT本社まで軽くツーリング。

ポタリングって言うの?いい天気で最高だね。
丸子橋でパチり。

レース当日までキラークイーン号とはしばしのお別れです。

 

リサハリム、ビーチパーティーで歌います!

スタッフの赤ワインです。

最近、ファンボードからショートボードに変えて、
千葉でよくサーフィンしている…という
ザバーンのレディースサーフチーム「BLEU MERMAID」の元メンバーで
シンガーソングライターのLisa Halimからライブ情報が届きました!

『ビーチパーティ@千駄ヶ谷』
6/5(土)朝11:00~夕方5:00まで
(Lisa Halimのライブは午後3時頃を予定)

会場
SAMUDRA SURFSHOP
GOOD MORNING CAFE
東京都渋谷区千駄ヶ谷1-20-3

内容 /
バーベキュー、ビール飲み放題、ライブ演奏、ビキニコンテスト、ゲーム大会など
ちょっと気の早いビーチパーティーをワイワイやるそうです。
参加 /無料

会場となるGOOD MORNING CAFEは、
新しいカタチの朝型コミュニティ「朝一生活」を提案するカフェと、
ジュースバー、そして、サーフショップが同時オープン!
目の前に「海」はありませんが、居心地のよい
とても素敵なお店っぽいですよ!

ちなみに、この日、
ザバーンチームは富士山に向かうために行けないんですが、
リサが言うには、ライブで新曲を歌う予定で、
その歌詞の中で「赤ワイン」が出てくるそうなんです。

いったいどんな歌なんでしょうか…

ぜひ遊びに行ってみてください!

 

ザバーン小笠原取材 懐かしの写真 ページ2

スタッフの赤ワインです。

4年前のザバーン小笠原取材からの秘蔵写真 第2弾です。

11月の東京・竹芝桟橋は、ちょっとしたコートが必要な寒さでしたが、
小笠原に着いたら、半そで短パンでOKでした。

何はともあれ、海を見てください!

なんだかこうやってあらためて見ていると
写真が下手すぎて、小笠原に申し訳ない気持ちになってきます…

写真家ポッキーさんのツアーで
いろいろ教えてもらったらいい写真が撮れるんだろうなぁ~。

そして、小笠原に行ったらぜひ写真に撮りたいのは、
海に沈む夕日でしょう。

太陽が水平線に沈む一瞬、緑色に輝く
「グリーンフラッシュ」という現象が見られることもあるそうですよ!

父島には、「ウェザーステーション」という夕日鑑賞スポットもあって、
僕たちもそこからこんな夕日を見ました。


太陽が沈んだ後には、お月様も顔を見せてくれました。