NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「イシガレイ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「イシガレイ」じゃ。

河口部や防波堤など、日本各地の沿岸部に広く生息する「イシガレイ」は、
その名の通り、表面に硬い石状の突起が並んでいるんじゃ。

昔は東京湾や相模湾でもたくさん釣れたんじゃが、
今はマコガレイに交じって、ときおり釣れる程度。

アベレージは40センチ前後じゃが、
稀に70センチを超える座布団サイズも釣れるんじゃ。

釣り方はマコガレイとほぼ一緒で、
先調子の胴突き竿に小型天びん仕掛けで、
ボトムを「トントン」小突いて誘うのが一般的。

ただし、マコガレイはシンプルな仕掛けが主流じゃが、
イシガレイは派手なデコレーション付きの仕掛けが好まれるようじゃ。

エサは青イソメが一般的で、
透明度が低いときにはアオヤギやアサリなどの貝類も効果的。
カレイの仲間の中では大型の部類で、引きも強いため、
最後まで気を抜かないことが肝心じゃ。

料理店などの水槽で活きたイシガレイを見かけることもあるが、非常に高価。
釣り立ては、刺身はもちろん、塩焼きやムニエルにすると絶品じゃ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)