NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「コノシロ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「コノシロ」じゃ。

コノシロは、ニシン科の魚で、主にプランクトンを食べ、
大きいものは体長30センチほどになるんじゃ。

小さいながらもブリやボラなどと同じ出世魚で、
一般的に5センチ弱を「シンコ」、7~10センチを「コハダ」、
13センチ前後を「ナカズミ」、
そして15センチ以上を「コノシロ」と呼ぶんじゃ。

口が小さくて木の葉のように平たく、普段は河口などの汽水域を好むんじゃが、
水温の低い今の時期は湾内などに群れていることも多いんじゃ。

大磯港周辺の砂浜や江ノ島周辺の船着き場などでサビキやウキ釣りをやっていると、
アジやイワシに交じって思わぬ大爆釣、なんてこともあるんじゃ。

小骨が多いが、塩焼きや唐揚げ、酢漬けにすると美味しく、
特に「コハダ」は江戸前寿司のネタとして欠かせない一品じゃ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)