NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「アコウダイ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「アコウダイ」じゃ。

「アコウダイ」は、カサゴ目フカカサゴ科に属する赤い魚で、
大きなものは体長は50センチを超し、
深海から上がってくる途中に水圧で目が飛び出てしまうため、
「メヌケ」などとも呼ばれるんじゃ。

通常、水深300~1000メートルの岩礁帯に生息しているんじゃが、
今の時期は繁殖期なので、
水深200~500メートルの比較的浅い場所でも釣れるんじゃ。

タックルはラインが800メートルほど巻ける大型電動リールに、
ハリの数が5~20本の胴突き仕掛けで、エサはイカやサバの短冊。

なにせ、水深400メートル前後の深海を狙うため、
仕掛けを底まで落とすのに10分前後、巻き上げるのにも30分ほどかかってしまう。
そのため、潮の流れでお隣さんと糸が絡まないよう、
仕掛けを落とすときには順番があり、船長の指示に従うことが肝心じゃ。

次々と連なって浮き上がってくる様子を「アコウのちょうちん行列」などというが、
スーパーの店頭などではあまり見かけない高級魚なので、感動ものじゃ!

粕漬けや味噌漬け、一夜干しにしても美味しいが、釣りたての刺身は絶品!
お試しあれ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)