NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

ADアレイのアウトドア体験隊、スタンダップパドルボード編!

ADアレイです。
3月のアウトドア体験隊では、スタンダップパドルボードを特集しました!
今回は、新ザバーンAD、オッツーとの参戦です。

P1120026.JPG

今回は、大磯プリンスホテルにて、
アウトドアのガイドなどを行っている「コア・アウトフィッターズ」が企画した
スタンダップパドルボード体験イベントに参加しました。

P1120050.JPG

このイベント、室内プールでスタンダップパドルボードに乗せてもらったんですが、
室内でこういったイベントを行うのは、おそらく日本で初めてとのこと。

そもそも、スタンダップパドルボードとは、
2年前にハワイでサーファーの間に広まったのが始まりとの事。
のちに、その動作が実は健康に良いということがわかり、
パドルフィットネス=Pフィットという名前で普及したそうです。

このスタンダップパドルボード、
バランスを鍛えたり、体幹のトレーニングにはうってつけで、
それでいて初心者でも簡単に乗れちゃうんですが…

P1120012.JPG

まずはしっかり準備運動を…と。
(上半身ハダカがADオッツー。)

そして、今回使わせてもらった道具がこちら。

P1120016.JPG

サーフボードなどを扱うメーカーサーフテック・ジャパンのパドボ。
ロングボードより若干太くて長い、イメージ的には薄いウィンドサーフィンのボードのよう。
安定感があって軽いです。

そしてこちらも必要不可欠。

P1120015.JPG

奥に立てかけてあるのがパドル。

片側にだけ水かきが付いていて、真っすぐ進むように、
これを左右交互に使いながら水をかきます。

…と、ここまで丁寧に前説してきましたが、
結局のところ、AD2人は簡単に乗ることができたのか!?

まずはボードを水面に浮かべて、
腹這いに乗った後、膝立ちで座ります。
そこからスッとボードの真ん中にパラレルスタンス(両足平行)で立ちます。

P1120025.JPG

うーん、この安定感、安心できますね〜!
突然風が吹いたり、波でグァングァン揺れたりしないので、
慣れてない人や初めての人にも安心ですわ、こりゃ。

それでもって、パドルで漕いでみます!

P1120018.JPG

これは、ずいぶん回転しやすい!?
バランス良く左右交互に漕がないと、左へ行ったり右へ行ったり…

でも、それも何度かプールを往復すると不思議と慣れてきて、
良い感じに直進できるようになります!

調子が出てきたところで、今度は意図的に回転を。

P1120022.JPG

単純なパドルの漕ぎ方で、かなり簡単にパドルの方向を操作する事ができました。
まるで壁を手で押しながらずらして、身体の向きを換えているくらい簡単に感じます。
簡単な作業の連続で、簡単に推進力が生まれたり、コントロールもしやすい…
単純に、これは大人から子供まで楽しめるものだな〜と思いました〜。

さらに、海遊びに慣れている玄人でも、
足を乗せる位置を換えたり、漕ぎ方を換えてみたりするだけで、
身体の筋肉の使いどころを換えたり、バランスの難易度を自分で変えられるので
体幹を鍛えるには本当にうってつけ。

↓こちらは、若干ガニマタで漕いでみてますが、また違った部位を使いますね。

P1120039.JPG

その他にも、このボードなら子供を乗せてタンデムサーフィンしたり、
釣りをするにも抜群の安定感、色んな楽しみ方ができそうです。

また、大磯プリンスホテルでは
この室内プールを使っておもしろいイベントなども企画しているので要チェック!
もちろん、コア・アウトフィッターズ
サーフテック・ジャパンの行うイベントも楽しみに!

コメント

私は 海が好きで 去年からBB 借りてしたら、トドが浮いてたと言われたので、彼 何かやりたくないのと聞くと あの口から パドボと、いちお釣りも好きマンゴー隊員だから、でも バランスがね まず、基本を教わり 今年の海は 楽しみです! パドボ教室開いてくださいね BB教室も
ザパーン 公開生放送見に行きたいです!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)