NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

知床で流氷の上を歩こう!

スタッフの赤ワインです。

今日のザバーンでは、
特集コーナーGood To Goで、知床での「流氷ウォーク」を紹介しました。

北海道の東の端、オホーツク海に面した位置にある知床半島。
世界遺産にも登録されて有名になった知床の流氷ですが、
ちょうどこれからの時期、1月下旬から3月にかけて、流氷が流れつくそうです。

そんな流氷の上を歩けるツアー「流氷ウォーク」について教えてくれたのは、
知床ナチュラリスト協会の畑谷雅樹さん。

今朝の知床の気温は、-5~6℃。
実はちょうど昨日、流氷を初観測!
遠い沖合いに白い帯状の流氷が見えたそうなんです!

知床ナチュラリスト協会が開催する「流氷ウォーク」は、
知床半島の西海岸、半島の真ん中の当たりにある『ウトロ』というところで楽しめるんですが、
この辺りがもっとも流氷の勢力が強くて、
2月3月はオホーツク海が一面海岸からびっしり氷に覆われて、
真っ白な大地が広がったようになることも珍しくないとか。

知床の場合、季節風や海流でぐいぐい流氷が押されると、
氷が競り上がったり重なったりして、盛り上がったりすることもあって、
そんな氷が重なり合っているところは、
奥から青く発光しているように見えて神秘的なんだそうです。

そんな知床の流氷の上を歩くツアー「流氷ウォーク」。

保温性と浮力のある専用のドライスーツを着て歩きます。
一面の流氷野を歩くと火星や月を探索したらこんな気分かな…というような
神秘的で非日常的な世界なのですが、
海面が見える所では海に入って遊んだりもするそうです。

ドライスーツに浮力があってラッコのように浮かぶのが、
何とも言えない気分で不思議な落ち着く感じがあるとか…。

さらに、海中を覗くとクリオネが見えたり、
流氷の上に寝転がって空を見上げていると、
羽を広げると2m50cmにもなるオオワシが飛んでいたりも…。

それだけでも最高ですが、
畑谷さんが知床で流氷ウォークのガイドをされてきた中で、
一番最高の体験と言うと…


流氷が接岸して間もない頃に、海のうねりに合わせて氷がゆっくり上下動していて、
寝そべっているとゆりかごに揺られているような、
大きな生き物のお腹の上で呼吸を感じているような時があって、
四方からは氷と氷がきしむクジラの鳴くような、
ときにはお腹の鳴るような「流氷鳴り」が聞こえてきて、
本当にまるで流氷が“生きている”ように感じた時だそうです。

神秘的ですよね。
きっとこういった自然に身をおくと、そいうったものを感じる感性も研ぎ澄まされるんでしょうね。

ただ、畑谷さんによると、
地球温暖化の影響かどうかは定かではありませんが、
ここ5、6年は流氷の量が年を追うごとに少なくなり、不安定になっているそうです。

この北緯44度の日本で凍った海が見られるというのは、本当に奇跡的なこと。
それこそ普通は北極圏まで行かないとないような現象。
いつまでの知床の流氷の上を歩ける環境を残していきたいですね。


コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)