NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

ワカサギ釣り&ワカサギレシピ

スタッフの赤ワインです。

今日は特集コーナーGood To Go!で、
山中湖のワカサギ釣りを特集しました。

教えてくれたのは、
山中湖初の太陽光発電ドーム船を運用する「ジュピター」の高村さん。

最近は、1人270匹くらい釣れてるそうです。

ワカサギ釣りのコツは、
感度のいい細い竿で、底から10cm~30cmくらいの棚を探ること。
ワカサギのアタリの感触は、大きい魚とは違った楽しみがあるとか。

ちなみに、山中湖は水がきれいなので、
ワカサギも美味しいそうですよ!

そして、今日は、リスナーの皆さんからも
そんなワカサギの美味しい食べ方のレシピをいただきました。

放送で紹介したもの、できなかったもの含め改めて紹介します。

wakasagi_kunsei.jpg

■町田のみきパパさん「燻製」
海水より濃い塩水に1時間くらい漬けて水分を拭き取ったら、
エラから口に串を通して3時間くらい乾燥させて、
その後90℃で1時間位サクラのチップで燻すとワカサギの燻製の出来上がり!
(上の写真は乾燥させているところです)
お酒のつまみに最高です。

■波待ちジョニーさん「生姜煮」
フライパンにワカサギが浸る程度の水を入れ、
生姜を薄切りにして酒と味噌とみりんを加えてくずれないように中火で煮込むだけ。

■くわさん「佃煮」
焼いたワカサギを、お酒、みりん、醤油を、水で調節しながら煮詰めるだけ。
ポイントは粉山椒をちょっと多めに入れること。
ピリッときいた辛味でご飯が進みます。

■湘南の暴れん坊さん「ちくわの穴に…」
ちくわの穴にワカサギを入れて、玉子の黄身だけをつけて、揚げる。
お酒のつまみには最適です。

■yokkoさん「七輪で炭火焼」
洗ったワカサギにあらかじめ塩を強めにまぶしておいて、七輪で焼きます。
春先にかけての卵をもったワカサギがめちゃくちゃ美味しいです。

■からすがえるさん「カレー粉」
カレー粉をつけて焼きます。

■さすらいトラック野郎「甘露煮」

■遊園爆走族平蔵さん「醤油漬け」
地元の山形では、
あらかじめバケツに醤油2リットルを入れ、そこに400gの塩を溶かして持って行き、
釣ったワカサギをそこに入れて泳がせた後、網焼きにして食べていました。

■くろみつさん「南蛮漬け」
ワカサギに小麦粉をつけて、余分な粉をしっかり払って、サラダ油であげ、
熱いうちに甘酢に唐辛子1本入れた漬け汁に入れて漬けます。
唐辛子を入れると味が安定するので忘れずに。
あげたてを漬けるとジュッと音がします。この音がポイントです。
今の季節、長ネギを薄く切って一緒に漬けると、
あげたワカサギの熱で自然と加熱されて美味しいですよ。


ちなみに、南足柄市のゆりままさんの情報によると、
山中湖の日帰り温泉「紅富士の湯」の1階にあるレストランでは、
釣ったワカサギを調理してくれるサービスを始めたそうです。
この温泉は、井手大介&ザバーンチームも毎年お世話になっているオススメの場所。
ぜひ行ってみて下さい!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)