NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「オニカサゴ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「オニカサゴ」じゃ。

顔つきがゴツゴツして厳めしいので「オニカサゴ」と名付けられたらしいが、
一般的に「イズカサゴ」「フサカサゴ」「コクチフサカサゴ」などの総称がオニカサゴで、
相模湾の遊漁船が狙う深場の「オニカサゴ」は、大半が「イズカサゴ」のことじゃ。
(イズカサゴ=ニセフサカサゴとも呼ばれる)

「イズカサゴ」は水深100~200メートルの岩礁帯にジッと身を潜め、
上を通過する小魚やエビなどの甲殻類を食べているんじゃ。
大きなものは50センチほどになるが、
成長が遅いので20センチ以下の小物はリリースするのが基本。

相模湾には専門の釣り船もあるが、根魚の五目釣りで釣れることが多く、
エサはサバやサンマの短冊、イワシやキビナゴじゃ。

根魚とはいえ、水面近くまでファイトするので、最後まで気を抜かないことが肝心!

また、背びれには猛毒の棘があるため、素手で触るのは要注意!
ちなみに、刺された場合は傷口を真水で洗い、
50度ほどのお湯をかけると痛みが治まるとのことじゃ。
(熱いのをかけすぎてヤケドに注意!)

関西では「ガシラ」や「オニガシラ」などとも呼ばれる高級魚。
鍋ものやブイヤベース、今流行のアクアパッツァなどにすると絶品じゃ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)