NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「ヒラメ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「ヒラメ」じゃ。

「左ヒラメに右カレイ」、
つまり体の左側に目があるのがヒラメで、右側がカレイ。
(一部、左側に目のあるカレイもいるので要注意!)

大きなものは体長1メートル、重さ10キロを越えるんじゃ。
カレイに比べると口が大きく、歯も鋭くて、エサを追うときの動きも俊敏で、
砂に潜って頭と目だけを出し、イワシやアジなどの小魚を狙っているんじゃ。

資源保護のため、稚魚放流が盛んじゃが、
大きくなっても腹側に黒い模様があるので、天然物との区別は簡単。
(天然物は腹側が白い)

船釣りの場合、活イワシを使うムーチングが主流じゃが、
アタリがあってから呑み込むまで時間がかかるため、早アワセは禁物じゃ。

また、湘南のサーフは、これからがルアーのヒラメが本番。
メタルジグやミノープラグなど、タックルもルアーもシーバスとほぼ一緒じゃが、
朝寝坊は厳禁じゃ!(夜行性なので早朝が狙い目)

冬場のヒラメは「寒ビラメ」と呼ばれ、刺身や酒蒸し、ムニエルにすると絶品。
ただ、資源保護のためにも、小さな「ソゲ」はなるべくリリースしよう!
(関東では1キロ以下の小物をソゲと呼ぶ)

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)