NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「カワハギ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「カワハギ」じゃ。


(撮影:杉山玲子)

最近、大人気なのがカワハギ釣り。

「エサ取り名人」の異名を持つほど、エサ取りがうまく、
経験と腕の差が大きく出るため、難しさと悔しさが、魅力のひとつじゃ。

口が小さくて、フグと同じような丈夫な歯があって、
クラゲやウニ、甲殻類や貝類を食べ、大きな物は30センチほどになるんじゃ。

磯や防波堤から投げ釣りなどでも釣れるが、
乗り合い船で、聞きアワセ、タタキ、タルマセなど様々なテクニックを駆使して、
お隣さんと競うのも面白さの秘訣。

ちなみに、皮が剥がしやすいので「カワハギ」と名付けられたそうだが、
皮を剥がされてスッテンテンになることから「ハゲ」や「バクチ」とも呼ばれるんじゃ。

今の時期はキモ(肝臓)が大きく、
このキモを裏ごしにして醤油で溶き、それに刺身をつけて食べると絶品!

通称、ワッペンサイズと呼ばれる15センチ以下の小物はリリースして、
大きくなってから再会しましょう!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)