NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「タチウオ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「タチウオ」じゃ。

これからの時期、三浦半島の観音崎周辺で人気なのがタチウオ釣り。

平均サイズは70センチ~1メートルだが、
最大では2メートル、5キロを超す大物もいるんじゃ。
タチウオのサイズは、長さじゃなく、胴体の幅を「指4本」などと表現するのが通。

「太刀」に似ているから「太刀魚」と呼ばれるとの説と、
「立ち泳ぎ」するので「立魚」と名付けられたとの説があるが、
その昔、模造真珠の原料に使われたというグアニン質に体が覆われていて、
銀色に光り輝く姿は「刀」そのものじゃ。

昼間は水深100~300メートルの深い場所にいるんじゃが、
夜になると表層まで浮上して、防波堤からルアーで釣れる事もあるんじゃ。

釣り方は船からのエサ釣りが一般的じゃが、
最近はメタルジグを使うルアー釣りも人気じゃ。
いずれの場合も、歯が鋭いので、ハリスは太めのほうが無難じゃ。

歯が鋭いのでハリを外す時はプライヤーを使うように。

塩焼きやムニエル、釣り立ては刺身にしても絶品!
じゃが、足が速いので、釣ったらすぐに氷水でしめることが肝心!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)