NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

高尾山~ハイキング編

八王子出身のスタッフ赤ワインです。

八王子と言えば、高尾山!

八王子の盆踊りで定番の「太陽おどり(新八王子音頭)」でも、
♪あの娘とあいつが高尾の山からおりて来た♪と歌われています。

そんな高尾山が、
ミシュランガイドで、最高ランクの“三つ星☆☆☆”の観光地に選出されて以来、
大人気と言うことで、
小学生の遠足以来20年ぶりくらい?に登ってきました!

高尾山には、たくさんの登山道があるんですが
今回、赤ワインが選んだのは、
沢沿いに登るマイナスイオンたっぷりの「自然研究路6号路」。

このコースは、距離3.6km、標高差390m。
山頂まで、およそ1時間30分ということで、
12時頃に山頂でお昼ご飯が食べられるように
朝10時頃、京王線の高尾山口駅を出発!

まだ10分くらいしか歩いていないのにこの景色!
道沿いの沢に、太陽の光が筋となって差し込んで、
幻想的な風景です。

こちらは高尾山の薬王院の修行者が開いたという水行道場でもある「琵琶滝」。
滝に打たれて、身を清められた気分だけ味わって、山頂を目指します。

途中、ちょっとした沢登りのように、
沢の中にある飛び石の上を歩きます。

最後は、長~い階段が待ち受けています。
このコースは比較的緩やかな道が多いですが、
この階段が一番キツイ場所。

階段を登りきれば山頂はすぐそこです。

そして、スタートからちょうど1時間30分後についに到着!
山頂です!

登っている途中は、まだ紅葉している木はなかったんですが、
山頂には一本だけありました!

そして、山頂からの景色…

空気が澄んでいれば、大山、富士山も見えます。

冬至の前後数日間は、
富士山の真上に太陽が沈むダイヤモンド富士を見ることができるそうで…
今年の冬至は12月22日です。

こんな景色と紅葉をおかずにして、美味しいお蕎麦を食べたんですが、
それは、後日「グルメ編」でご紹介します。

さて、お蕎麦を食べ終わったら、
薬王院を通って、ケーブルカーで下山します。

薬王院では、参拝して、
さらに、美味しいオヤツも食べちゃいました。
こちらも後日グルメ編で。

このケーブルカーは、
鉄道事業法準拠の日本の鉄道における最急勾配(31度14分)があって、
景色だけでなく、スリルも味わえます。

高尾山は、この後11月中旬から12月上旬に
紅葉の見頃を迎えるそうです。

いまや富士山を抜いて、登山者数世界一と言われる富士山、
ぜひこの秋のハイキングに行ってみてはいかがでしょうか。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)