NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「ヤリイカ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「ヤリイカ」じゃ。

全体に細長く、姿が「槍(やり)」の型に似ているから「ヤリイカ」と呼ばれるんじゃが、
地方では「ササイカ」「ミズイカ」「テッポウ」などとも呼ばれているんじゃ。

サイズはオスが40センチ前後、メスは30センチ前後で、
通常は透けて見える感じじゃが、興奮すると茶褐色に変わるんじゃ。

春先には防波堤からエギやアジの生き餌などで釣れることもあるが、
(エギ=エビに似せた疑似エサの一種)
今の時期は水深100~200メートルの深場を、
「プラズノ」と呼ばれるプラスチックの疑似バリを6~8本連ねて誘うのが一般的。

イカは身切れすることが多いので、
焦らずに一定のテンションで上げることが肝心じゃ!

スルメイカに比べるとちょっと高級で、
刺身や一夜干し、煮付けなどにしても美味しいんじゃ。
お試しあれ!

ヤリイカの釣り方に関する質問や、
美味しい食べ方、釣り自慢があったら、博士までメールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)