NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「アジ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「アジ」じゃ。

魚屋さんの店頭に一年中並んでいるのが「アジ」。
「マアジ」、「ムロアジ」、「シマアジ」、「マルアジ」がお馴染みじゃが、
沖縄や奄美にはルアーマンを熱狂させるGTと呼ばれる40キロを超すモンスターや、
コバルトブルーに輝く「カスミアジ」などもいるんじゃ。
(GT=ジャイアントトレバリー=ロウニンアジ)

相模湾や東京湾でお馴染みの「マアジ」釣りの旬は夏から秋で、
三浦半島にはアジ釣り専門の遊漁船が軒を連ねているんじゃ。
(釣り方はイワシミンチのコマセを使うテンビンやライトタックルの五目釣り)
また、今の時期は大黒埠頭や本牧の海づり施設でも
サビキで15~40センチのアジが釣れるんじゃ。
(イワシの群れより深いポイントまで仕掛けを落とすことが肝心!)

「干物」「塩焼き」「刺身」など、どんな料理にしても美味しいが、
三枚に下ろして皮と骨をとり、
ショウガ、シソ、ネギ、そして味噌をくわえて包丁で細かく叩く「ナメロウ」は絶品じゃ!
お試しあれ!

アジの釣り方に関する質問や、
美味しい食べ方、釣り自慢があったら、博士までメールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)