NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「スルメイカ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「スルメイカ」じゃ。

マグロやエビ、アサリなど、数ある魚介類の中で、
もっとも多く食べられているのが「スルメイカ」なんじゃ。
寿命はわずか1年で、オスよりメスの方が大きく、
相模湾では、初夏に獲れる20センチ以下の小さなものを
「ムギイカ」などとも呼ぶんじゃ。

相模湾のイカ釣り人気スポットは「城ヶ島沖」と「洲ノ崎沖」で、
三浦や長井港にはイカ釣り専門の遊漁船もあるんじゃ。

釣り方は、水深100~200メートルの棚に群れているイカを魚群探知機で探し、
イカズノと呼ばれるピンクやブルーのカラフルなプラスチックの疑似バリで誘うんじゃが
日によって色の好みが違うため、いろんな色を混ぜて使ったほうが無難じゃ。

イカソウメンを始めとして、「イカ飯」「天ぷら」など、食べ方は豊富じゃが、
釣り人の特権と言えば「沖漬け」。

アイスボックスに、お酒と醤油とミリンを1対1対1の割合で混ぜて、
一煮立ちさせた漬け汁を仕込んでおいて、
そこに墨を吐かせた釣り立ての「スルメイカ」を放り込むんじゃ。

家に帰り着く頃には、味が中まで染み込んで、
そのまま刺身にして良し、焼いて良し、絶品じゃ!

スルメイカの釣り方に関する質問や、
美味しい食べ方、釣り自慢があったら、博士までメールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)