NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「メジマグロ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「メジマグロ」じゃ。

マグロの王様といえば「ホンマグロ(クロマグロ)」じゃ。

大きなものでは重さ200キロを超し、1本100万円をくだらない高級魚じゃが、
「ホンマグロ」と呼ばれるのは30キロを超すもので、
30センチ以下は「かきのたね」、
その一回り大きいものが「メジマグロ」と呼ばれるんじゃ。

イワシやイカ、トビウオなどを食べるフィッシュイーターで、
夏の終わりごろ、
相模湾でも2~7キロクラスが鳥山の下に群れていることも多いんじゃ。

釣り方は、オキアミを使うエサ釣りやルアーが一般的じゃが、
「カツオ」や「イナダ」などと同じく、カッタクリと呼ばれる、手釣りも人気で、
5キロオーバーになると、ヒットしてからのスピードは強烈じゃ。

相模湾では「メジマグロ」と「カツオ」を同時に狙う遊漁船が多いんじゃ。

大トロのように脂がのって、口の中でトロッとまではいかないが、
上品な甘みがあって、食通には人気。

漬け丼や漬け茶漬けもいけるぞ~。

ちなみに、ディレクターの赤ワインも釣ったことがあるそうで…

漬け丼にしていただいたそうじゃ。

メジマグロの釣り方に関する質問や、
美味しい食べ方、釣り自慢があったら、博士までメールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)