NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

ダッチオーブンでサケとイクラ=「腹子メシ」!

ADのアレイです。

昨日は、日本ダッチオーブン振興会理事長、中山ちか子さんに、
「腹子めし」の作り方を教わりました。

宮城県の阿武隈川でとれるサケは昔から有名で、
伊達政宗や将軍家にも秋の味覚として献上されていたそうで、
『腹子めし』は郷土料理です。

長年各々の家庭の味が受け継がれているもののため、
作る人によって味付けが異なるとか。

IMG_0225-.jpg

~~作り方~~

まず、皮や骨を取り除いた生鮭を、
生姜と一緒に出し汁、醤油、みりんでさっと煮て、
この鮭と煮汁は別々にしておきます。

そして、今回は旬の筋子で塩漬けイクラを作ります。
筋子は薄皮の上からたっぷり塩をふって熱湯を回しかけたら、
すぐに薄皮を取り除いて、1粒ずつバラバラにほぐします。

そして、さっと洗って再び塩をまぶします。
次にダッチオーブンに洗った米を入れ、
先程のサケの煮汁に水を足して米と同量にして注ぎます。

煮ておいたサケをのせフタをして強火にかけ、
沸騰して蒸気がでてきたら弱火にして20分位炊き上げる!

むらした後に、サケをほぐしてご飯と混ぜ合わせます。

刻んだアサツキと自家製イクラをたっぷりのせて食す!

ダッチオーブンで炊いたごはんは格別。

おコゲがパリッと香ばしく何杯でもおかわりできちゃいます。
冷めたら、あとでおにぎりにしてもGOOD!
今が旬のサケと美味しい新米でぜひお試しあれ!

また、10/25(日)には、
日本DO振興会主催の「ダッチオーブンフェスティバル」が
芦ノ湖キャンプ村で開催。
抽選会ではダッチオーブンが当たります。
詳しくは日本DO振興会のホームページで!

コメント

これから秋鮭の美味しい季節で 大きい切り身で売られているのを見ると「チャンチャ焼き」が思い浮かびますが こちらにもチャレンジしてみたいです!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)