NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「ワラサ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「ワラサ」じゃ。

このところ、剣崎沖や城ヶ島周辺では「ワラサ」が釣れておるが、
「ワラサ」という学名の魚がいるわけじゃなく、
「ブリ」の若い魚のことをさすんじゃ。

「ブリ」は出世魚で、
関東では、一般的に35センチ以下が「ワカシ」、35~60センチが「イナダ」、
60~80センチが「ワラサ」、80センチ以上を「ブリ」と呼ぶんじゃ。

ちなみに、関西では「ツバス」、「ハマチ」、「メジロ」、「ブリ」と出世する。

魚屋さんや料理店では、大きさに関わらず、
養殖物を「ハマチ」、天然物を「ブリ」と呼ぶこともあるので
注意が必要じゃ。

大きなモノは体長1.5メートル、15キロを超し、
イワシやイカナゴなどの小魚を補食してるんじゃ。

出世魚なので、正月に縁起物として食べる事も多く、
ブリ大根はもとより、味噌漬けなども絶品。

釣り方はコマセを使うビシ釣りが多いが、
ロッドもリールも使わない「カッタクリ」やルアーも人気じゃ。

「イナダ」サイズまではライトタックルでも問題ないが、
「ワラサ」を狙うなら、多少ヘビーなタックルを用意した方が無難じゃ!

ワラサの釣り方に関する質問や、
美味しい食べ方、釣り自慢があったら、博士までメールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)