NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「マゴチ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「マゴチ」じゃ。

頭が平らで、英語では「フラットヘッド」と呼ばれているマゴチは、
通常、50センチ前後が多いが、ときには1メートルを超すモンスターもいて、
砂地や河口部を好むため、ビーチで遊んでいると、
海底の砂の中から突然飛び出してきて、驚かされることも多いんじゃ。

口が大きく、エビなどの甲殻類や小魚を食べるフィッシュイーターで、
ボートや防波堤からハゼやキスを釣っていると、
ハリにかかった魚をのみ込んで上がってくることもあるんじゃ。

釣り方は、エビやハゼなどの生きた餌を使うのが一般的で、
仕掛けが底についたら、1メートルほど上げて待つのが基本。

また、早アワセは厳禁で、コツコツときてから10秒ほど待って、
グ~ッと引き込まれてからアワセることが肝心じゃ。

ちなみに、35センチほどまではオスで、40センチを越えるとメスに性転換し、
オスとメスがカップルで行動するため、
1尾釣れると、同じ場所でもう1尾釣れることが多いんじゃ。

ただし、頭に小さな刺があるので要注意!

マゴチの釣り方に関する質問や、
美味しい食べ方、釣り自慢があったら、博士までメールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)