NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「ソウダガツオ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、「ソウダガツオ」じゃ。

「ソウダガツオ」はスズキ目サバ科で、
「マルソウダ」と「ヒラソウダ」がいるんじゃ。

「カツオ」と言えば縞模様を連想すると思うが、
「ソウダガツオ」は縞がなく、どちらかといえば「サバ」に似ているんじゃ。
(カツオは興奮すると横縞が浮き出て、死ぬと横縞が消えて縦縞があらわれる)

大きさは40センチ前後で、
「マルソウダ」は輪切りにすると切り口が丸く、「ヒラソウダ」は楕円形。

船でシイラやマグロを探していると、
イワシを追って水面でバシャバシャと騒々しく跳ねているため、
「騒々しい」がなまって「ソウダ」と名付けられた、なんて説もあるんじゃ。

市場での旬は冬じゃが、
シイラやサバをルアーやフライで狙っているとナブラに遭遇することが多く、
アングラーにとっては今が旬じゃ!

ちなみに「マルソウダ」より「ヒラソウダ」の方が美味しいと言われるが、
いずれも血合いが多いので、釣り上げたらすぐに血抜きをして内蔵を取り、
クーラーに放り込むのが美味しく食べるコツじゃ!

ソウダガツオの釣り方に関する質問や、
美味しい食べ方、釣り自慢があったら、博士までメールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)