NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「アオリイカ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の「アオリイカ」じゃ。

バショウの葉に似ているので「バショウイカ」などとも呼ばれる「アオリイカ」は、
見た目は「コウイカ」に似ているが、ヤリイカの仲間じゃ。

大きなモノは胴の長さが50センチ、重さ5キロを超え、
春から夏場にかけ、産卵のために岸よりの浅い岩場にやってくるんじゃ。
三浦半島や伊豆半島の防波堤や港には好ポイントが沢山あり、
岸壁やテトラに黒い墨跡があれば、アオリイカが釣れてる証じゃ。

釣り方は「餌木(エギ)」と呼ばれる和製ルアーを使う「エギング」や、
活きたアジなどをエサにする「ヤエン」がポピュラーだが、
いずれも、それなりのテクニックが必要じゃ。

一般的に、アオリイカ釣りは秋のイメージが強いが、
秋は、春に生まれたコロッケサイズが多いので、
キロアップの大物を狙うなら今じゃ!
数あるイカの中でも、刺身や天ぷらのネタとしては最高!
お試しあれ!

アオリイカの釣り方に関する質問や、
美味しい食べ方、釣り自慢があったら、博士までメールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)