NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「カマス」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の魚「カマス」じゃ。

「カマス」と一口に言っても、体長20センチほどの「ヤマトカマス」から
2メートルを超す「オニカマス」まで、世界には、およそ18種もの仲間がいるんじゃ。

今、相模湾で釣れているのは「ヤマトカマス」通称「ミズカマス」が多いが、
晩秋になると体長50センチほどの「アカカマス」も釣れるんじゃ。

初夏、カマスは産卵のために浅場に群れていることが多く、
防波堤や岩場からフラッシャーサビキをちょっと遠投すると釣れるんじゃ。
また、肉食性なので、
カンツリタックルで小さなスプーンやミノープラグをキャストしてもオッケーじゃ!
身は、ちょっと水っぽいので、干物や塩焼き、天ぷら、唐揚げなどがおすすめじゃ。
ちなみに、大型種の「オニカマス」は光るものに反応し、
突き出した下顎や鋭い歯でダイバーが襲われることもあるそうじゃ。
恐いの~

カマスの釣り方に関する質問や、
美味しい食べ方、釣り自慢があったら、博士までメールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)