NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

金沢湾の生き物たち4~クサフグ

スタッフの赤ワインです。

山下公園の海底清掃などの活動を行っている
海をつくる会」の事務局長で、
横浜市に唯一残る自然海岸「野島」でのアマモ場再生活動を推進している
「海辺つくり研究会」のメンバーでもある坂本さんが中心になって、
金沢湾に、横浜から一番近いファンダイビングポイントが誕生しました。

そんな金沢湾のダイビングスポットで撮影した水中写真を
海洋写真家の杉森雄幸さんが送ってくれましたので、
シリーズでお届けしています。

4回目は、クサフグです!

開催日程: 毎週土曜日
集合場所: 横浜市金沢区柴町397 横浜市漁業協同組合 柴支所 D-2倉庫
申込方法: メール
潜水手順: 小型ボートでスポットまで移動しダイビング
最低開催人員: 3名
料金  : 13,000円 (2ボートダイブ)
レンタル: ウェイトのみ(要予約)

横浜港内でのスポットです。
1.八景島シーパラダイス 砂地駆け上がり
2.日産工場 角地
3.野島 アマモ場

アマモ場では 休むメバル、アイナメがゆっくりと観察でき、
藻場ならではの ヨウジウオ、ヒメイカ、幼魚、ハゼ類が戯れ、
泳ぐスポットではなく じっくりと生きものを観察するスポット。
特に野島沖合いのタチアマモ(5m)のアマモは圧巻!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)