NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「ムギイカ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の魚「ムギイカ」じゃ。

相模湾では、春から初夏に獲れる胴の長さ20センチ以下の小さな「スルメイカ」のことを
「ムギイカ」と呼ぶんじゃ。

オスよりメスの方が大きく、
麦が実る頃に獲れるので「ムギイカ」と名付けられたんじゃが、
小さいものほど身が柔らかく、天ぷらやイカ飯はもちろんのこと、
身を細く切って醤油で麺のように食べる「イカそうめん」が絶品じゃ!

ただし、生で食べるときは、寄生虫のアニサキスに要注意!

今の時期、長井や小網代の港から8,500円前後でムギイカ釣りの遊漁船が出ていて、
仕掛けは「プラズノ」や「スッテ」と呼ばれる疑似エサで、
船長に指示されたタナまで仕掛けを下ろし、
軽くシャクってグ~ッと重くなったら巻き上げるだけ。

水深150メートル以上の深場を狙う「スルメイカ」や「ヤリイカ」釣りに比べ、
「ムギイカ」は水深20~50メートルなので、イカ釣りの入門におすすめじゃ。

ムギイカの釣り方で困ったことがあったら博士に即質問じゃ。

メールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)