NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「クロダイ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の魚「クロダイ」じゃ。

クロダイ=チヌは防波堤や磯釣りの人気ターゲットじゃ。
名前の通り、黒い鯛といった姿型で、大きなものは70センチを超すんじゃ。
汚染などに対する環境適応力が強くて、河口などの汽水域で釣れることも多く、
小魚やエビやカニなどの甲殻類や海藻、さらにはトウモロコシやスイカなど、
かなり悪食じゃ。

春先は産卵のために多少味が落ちるが、
これからの時期、ブイヤベースやムニエルなどにすると、本物のタイに負けない味じゃ。

スズキやブリと同じ出世魚で、
関東では、10センチ以下を「チン」、20センチ前後を「チンチン」、
25~30センチを「カイズ」、30センチ以上を「クロダイ」と、呼び名がかわるんじゃ。

関西では湾内にイカダを浮かべて釣る「イカダ釣り」なんてのが人気じゃが、
関東では防波堤の「落とし込み」や「ふかせ釣り」が一般的じゃ。

スイカをエサにした「スイカのポカン釣り」なんて釣り方もあるぞ。

クロダイ特有の「ギュ~ン」と引き込むファイトは一度味わうと病み付き。
お試しあれ!

クロダイの釣り方で困ったことがあったら博士に即質問じゃ。

メールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)