NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「マルイカ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の魚「マルイカ」じゃ。

湘南や三浦半島で「マルイカ」と呼ばれているのは、
伊豆や房総の「アカイカ」や、
島根県の「シロイカ」と同じ、ヤリイカ科の「ケンサキイカ」のことなんじゃ。

「ケンサキイカ」は50センチを越すんじゃが、
岸寄りの浅場で釣れる20センチ前後の小さなものは、
体型がずんぐりと丸いので「マルイカ」と呼ばれているんじゃ。

イカ釣りは水深100メートルを越すポイントの電動リールのイメージじゃが、
マルイカは水深30メートル前後の浅場で釣れるので、
ライトタックルでも十分対応できるんじゃ。

釣り方は、「スッテ」と呼ばれるイカ釣り専用の疑似バリを5~7本付け、
仕掛けが底についたら、50センチほどのストロークで鋭くシャクリ、
イカの乗りを感じたら身切れしないようにゆっくりと巻き上げるだけじゃ。

スルメイカより身が柔らかく、アミノ酸が多く含まれるので、甘くて濃厚な味じゃ。
三浦半島の三崎や長井港にはイカ釣り専門の遊漁船も多いので、
一度トライしてみてはいかがかの~

マルイカの釣り方で困ったことがあったら博士に即質問じゃ。

メールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)