NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「サワラ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の魚「サワラ」じゃ。

魚に春と書いて「鰆」じゃ。

サワラと一口に言っても、
最近ではヨコシマサワラ、ヒラサワラ、ウシサワラ、タイワンサワラなど、
いろいろな種類が輸入されている。

成長するに従ってサゴシ、ナギ、サワラと呼び名が変わる出世魚じゃ。

最大では1メートル、10キロを越え、一般的にメスの方がオスより大きく、
肉食性で、口が大きくて歯も鋭く、
カタクチイワシやイカナゴなどの小魚を食べるフィッシュイーターじゃ。

春から初夏にかけて産卵して、表層を群れで遊泳するため、
引き縄と呼ばれるトローリングで釣るのが一般的じゃが、
最近ではメタルジグなど、ルアーで狙うアングラーも多いんじゃ。

運良く群れに遭遇すると、70センチオーバーが連続ヒット、なんてこともある。
ただ、歯が鋭いのでショックリーダー(ハリス)は太めの方が無難じゃ。

京都の「西京焼き」やなどが有名だが、春のサワラは刺身でも絶品。
ちなみに、香川県などでは卵巣を使ってカラスミを作るんじゃ。

そんなサワラの釣り方に関する質問も待っておるぞ!
メールで送ってきなされ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)