NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

釣り博士の旬の魚「ハナダイ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の魚「ハナダイ」じゃ。

関東では、「ハナダイ」「チコ」「ヒメダイ」などと呼ばれるが、
正式な呼び名は、「チダイ」。
鰓蓋に、血がにじんだような赤い縁取りがあるのでついた名前じゃ。

相模湾では5月ころ、群れに遭遇すると何十匹も釣れる事があるんじゃ。

大きなものは40センチほどになるが、
関東では10センチほどの小物が「春日子(かすご)」として酢締め用に重宝されている。

本家の「マダイ」よりも浅い場所に生息していて、
エビエサでマダイを狙っているときに外道として釣れることも多いが、
相模湾などでは、ウイリー仕掛けを使ったコマセシャクリ釣りがポピュラーで、
マダイよりも手軽で、数も釣れるんじゃ。
(ウイリー=フックにピンクや蛍光グリーンのビニールやを巻き付けた疑似エサの一種)

アタリはコツンと明快じゃが、何度もアタリが続かないので、
一発目でしっかりアワセることが肝心。

漁師さんの話によると、小潮の後の若潮のときが、潮が速いので狙い目だそうじゃ!
3枚に下ろしの1片で「にぎり」寿司をつくったり、酢締めで食べると絶品。
連休にいかがかの~。

博士に教えて欲しい魚の釣り方の質問も大募集じゃ。
コメントも、メールも大歓迎じゃ。
待っておるぞ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)