NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

 

釣り博士の旬の魚「マルイカ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の魚「マルイカ」じゃ。

湘南や三浦半島で「マルイカ」と呼ばれているのは、
伊豆や房総の「アカイカ」や、
島根県の「シロイカ」と同じ、ヤリイカ科の「ケンサキイカ」のことなんじゃ。

「ケンサキイカ」は50センチを越すんじゃが、
岸寄りの浅場で釣れる20センチ前後の小さなものは、
体型がずんぐりと丸いので「マルイカ」と呼ばれているんじゃ。

イカ釣りは水深100メートルを越すポイントの電動リールのイメージじゃが、
マルイカは水深30メートル前後の浅場で釣れるので、
ライトタックルでも十分対応できるんじゃ。

釣り方は、「スッテ」と呼ばれるイカ釣り専用の疑似バリを5~7本付け、
仕掛けが底についたら、50センチほどのストロークで鋭くシャクリ、
イカの乗りを感じたら身切れしないようにゆっくりと巻き上げるだけじゃ。

スルメイカより身が柔らかく、アミノ酸が多く含まれるので、甘くて濃厚な味じゃ。
三浦半島の三崎や長井港にはイカ釣り専門の遊漁船も多いので、
一度トライしてみてはいかがかの~

マルイカの釣り方で困ったことがあったら博士に即質問じゃ。

メールで送ってきなされ!

 

SURF1発売中!

スタッフの赤ワインです。

いつも表紙がカッコイイ「SURF1」今日発売です!

特集は、“バ リ島”インドネシア波の宝庫、見たら行きたくなりますよ!

そして後半には、“BIGWAVE” 特集。
デカ波に乗る日本人厳選のミニインタビューがあり、
田中宗豊、脇田貴之、森哲太、堀口真平、小川直久…
さらに、巻頭インタビューには、先日の快挙も記憶に新しい大野修聖が登場!

見逃せませんよ!

 

ダウンヒル特集!

スタッフの赤ワインです。

Mt.富士ヒルクライムまで、いよいよあと1週間となりました!

レースでは、自転車で富士山を登るマンゴー隊自転車部ですが、
たまには、登ることを忘れて、自転車で爽快に下ってみたい!と言うことで、
特集コーナー「Good To Go!」では、
白馬の大自然の中で、風を爽快に切る!マウンテンバイクでのダウンヒルを特集!

北アルプスのある信州、長野県白馬村を中心に、
マウンテンバイクツアーを開催している「SHOT-PROJECT」の
堀 勇さんに電話をつないで詳しい話を聞きます。

「SHOT-PROJECT」では、
北アルプスのある信州、長野県白馬村を中心にマウンテンバイクツアーを開催。
丁寧にガイドがサポートしてくれるので
初めての方でも安心して大興奮の本格トレイルダウンヒルに参加できるそうです。
コースのほとんどがダウンヒルなので、
体力に自信のない方でも大丈夫。
道具がなくても無料のレンタルが用意されているそうです。

森の中のトレイルは涼しくて爽快!

初めてでもガイドのサポートで様々な自転車遊びにチャレンジできます。

ダウンヒルを制した後はこの笑顔!!

初心者にオススメなのは、
スキー場としてもお馴染みの「HAKUBA47」エリア。
マウンテンバイクの登竜門的コースです。

ゴンドラを利用した標高1170mからのダウンヒルは爽快!
初心者からファミリー向けのコース設定ですが、
初級者、中級者の方でも十分に楽しめるようにゲレンデを離れ、
本格的な裏山エリアも満喫することもできるそうです。

そして、「峰方エリア」は、本格的な里山トレイル。
シングルトラック(幅1mくらいの山道)中心の中級者から上級者向けのコース設定。
コースの要所で、ライン取りやテクニックを練習しながら、
ダウンヒルを楽しむことが出来まるそうです。
テクニックを思う存分に発揮してフリーライディングを楽しんでください。

 

チャリ練の日々

ADアレイです。

いよいよ来週末にせまったMt.富士ヒルクライム!
大会に向けて、事あるごとにGIANTさんからお借りしたロードバイク『DEFY』に乗っています。

先週末は実家のある下町から駒沢まで。
最短コースを取ろうと皇居周辺~赤坂見附を通ったものの、
結局道に迷って約1時間30分のサイクリングに。
ちなみに帰りは順路ばっちりで1時間で帰れました。

また、今週は大宮まで行ってみました。
ひたすら17号線を北上!
区間によっては路上駐車があったり、ばんばんトラックが走ってたりと恐いところもあり、
おススメはできないかも。。
所要時間は1時間45分。
帰りは荒川土手沿いを走ったので、もうちょっとかかったかも。
でも眺めはよかったです。

RIMG0095-.jpg

長時間の走りのおかげで、
ギアチェンジのタイミングや体の休ませ方など自分なりにつかめてきましたが、
つねにパソコンなどの仕事道具を持ち歩いているため体への負担が大きい。。。
特に曲げっぱなしの腰への負担も激しいし。
本番は万全の体調で挑めるよう今から練習方法も調整していきたいと思います!

Mt.富士ヒルクライムまで、あと10日!

 

ダイビングで音楽を?!

スタッフの赤ワインです。

先週のThe Burnで井手大介がちょっと話題にしていた、
ダイビング中に、海の中でiPodが楽しめるハウジング「iDIVE300」が発売されました!

こちら、アメリカのH2O Audio社製のダイビングアイテムで、
なんと90m防水仕様という超高性能ケース。

デジカメのハウジングのように、iPodを収納して、水中で音楽の再生が可能。

通常は、水深が深まるにつれて水圧の影響で音量が低下して、
音楽を楽しめなくなってしまうため、
これを防ぐためにケース自体にアンプも内蔵しているとか。
本格的です。

ちなみに、店頭価格は49800円前後。

iPodより高いですが、性能を考えれば値段も納得でしょうか…。

皆さんは海の中で音楽を聴きたいですか?
また、聴くならどんな音楽なんでしょうか?

 

ヨットレースが映画に!

スタッフの赤ワインです。

ヨットでロサンゼルスから4120キロ彼方のハワイ・オアフ島ダイヤモンド・ヘッドをめざす外洋レース
「トランスパシフィック・ヨット・レース」を舞台にした映画が航海されます。


(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

激しいスピードと忍耐が試され、「海のインディーレース」と言われるこのレースに、
2007年夏、15人の若者たちが挑みました。

百戦錬磨の出場者の中で、彼らはテストで選ばれた新人ばかり。

若さと情熱、そしてチームワークを武器に、
未体験の試練に立ち向かう彼らの、6か月間に渡る過酷な訓練とレース。
その青春の軌跡を記録した感動のドキュメンタリー映画「モーニング・ライト」。

「どんな困難も、どんな挫折も、仲間とならば乗り越えられる」
そんなメッセージのつまった映画です。

6/13(土)から新宿ミラノで3週間限定限定で航海…じゃなくて公開です!


(C)Disney Enterprises, Inc. All rights reserved

 

バーベキュー最強決定戦 開催決定!

スタッフの赤ワインです。

バーベキュー最強決定戦」開催が決定です!

6月13日(土)朝5時からのザバーンでは、
BBQの2大人気メニュー、「肉」と「魚」が、最強の座をかけて対決!

肉の応援団として、小山薫堂さん、神奈川バーベキュー協会会長:藤田優一くん、
魚の応援団として、さかなクン、漁港も登場!

勝敗を決めるのは、リスナーの皆さんからの投票!

勝った方に1票を投じたリスナーの中から抽選で、
肉か魚の産地直送ギフトが贈られます。

バーベキュー最強決定戦は、
6/13(土)朝5時からのザバーンで開催!

お楽しみに!

 

釣り博士の旬の魚「イサキ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の魚「イサキ」じゃ。

イサキは、太平洋側では、千葉が北限で、
海藻の多い岩礁地帯を好み、群れで生息する。
小魚やエビなどの甲殻類を好んで食べ、最大では50センチを越えるんじゃ。

旬は初夏で、この時期のイサキは「麦わらイサキ」とか「梅雨イサキ」などとも呼ばれ、
刺身や塩焼きにするとタイも顔負けじゃ。

釣り方は、ライトタックルの五目釣りや、
ウィリーと呼ばれる疑似エサやオキアミを使う船釣りが一般的で、
潮の通りが良くて活性の高いときには、
「短時間でクーラー満タン!」なんてこともあるんじゃ。

ちなみに、江ノ島沖は特大のイサキがいついていることで有名じゃ!

その昔、鍛冶屋さんが喉に骨を刺して死んだことから、
和歌山県では「鍛冶屋殺し」とも呼ばれるほど骨が硬いので、
さばくときには要注意じゃ!

特に背びれが鋭く尖っているので要注意!

イサキの釣り方で困ったことがあったら博士まで送ってきなされ。

そんなイサキの釣り方に関する質問も待っておるぞ!

メールで送ってきなされ!

 

ASJのコインケース

スタッフの赤ワインです。

ただ今マンゴーボックスでプレゼント中のASJのコインケース。

R0010658.JPG

これは、プロスケーターの小川元さんが立ち上げたスケボーの団体「ASJ」のコインケースで、
このコインケースを買うとプロスケーターの活動が応援できるというもの。

このコインケースはどこで買えるんでしょうか?という質問を
ラジオネーム「リデム」さんからいただきました。

小川元さんに聞いたところ、
現在まだ店頭での販売はしていなく、
足立区アメージングスクエアのスケートパークや、
ASJのイベントなどで420円で買えるそうです。

また、情報が入ったらお伝えします。

 

横浜から一番近い!金沢湾にダイビングスポット誕生!

スタッフの赤ワインです。

この春、東京湾の横浜から横須賀にかけて広がる金沢湾に
レジャーダイバー向けのファンダイビングポイントが誕生しました!

山下公園の海底清掃などの活動を行っている
海をつくる会」の事務局長で、
横浜市に唯一残る自然海岸「野島」でのアマモ場再生活動を推進している
「海辺つくり研究会」のメンバーでもある坂本さんが中心になって、
ファンダイビングポイントが誕生しました。

明日5/23(土)のザバーンでは、
坂本さんをゲストに迎えて、詳しいお話しをうかがいます。

いったい東京湾でどんな生き物に出会えるんでしょうか?

開催日程: 毎週土曜日
集合場所: 横浜市金沢区柴町397 横浜市漁業協同組合 柴支所 D-2倉庫
申込方法: メール
潜水手順: 小型ボートでスポットまで移動しダイビング
最低開催人員: 3名
料金  : タンク+ボート 1ダイブ 15,000円 2ダイブ 18,000円
レンタル: ウェイトのみ(要予約)

 

井手大介のマシン自慢

ヤマン!井手大介です!

the burnではおなじみ「no limitステッカー」のデザイナー、
the othersのSIG氏にカスタムしてもらったのが
僕の愛車のジャイアント。

SIG氏はバリバリのピスト乗り。

世間ではピストバイクが流行っているけど、
さすがに富士山をピストでは登れないので
ロードバイクのいいところをそのままにスタイルだけ取り入れてみました。

ノーマル状態はハンドルもサドルも黒だったものを、
「絶対白が合う」ってことで変更。

ハンドルはピスト用の幅の狭いやつを装着。
サドルもクッションゲル入りの良さげなやつに。

かっこよく仕上がって大満足!あとは白いチェーンをつけたらオシャレかもね。
ヒルクライムなんて考えてない軽量化度外視の見た目優先の街乗り仕様です。

ジャイアントの渋井さんとチームコムレイドジャイアントのプチ監督に自転車を見てもらったら
「男マシンですね、ふふ」と言われました。

こんなに低いハンドルで富士山を登る人はおそらくいないだろうとの事。
レース本番には軽量幅広ハンドルに戻すか、
それとも慣れ親しんだ現在の仕様でがんばって男マシンと男になるか。

心揺れ動くレース本番まで2週間。

 

釣り博士の旬の魚「サワラ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の魚「サワラ」じゃ。

魚に春と書いて「鰆」じゃ。

サワラと一口に言っても、
最近ではヨコシマサワラ、ヒラサワラ、ウシサワラ、タイワンサワラなど、
いろいろな種類が輸入されている。

成長するに従ってサゴシ、ナギ、サワラと呼び名が変わる出世魚じゃ。

最大では1メートル、10キロを越え、一般的にメスの方がオスより大きく、
肉食性で、口が大きくて歯も鋭く、
カタクチイワシやイカナゴなどの小魚を食べるフィッシュイーターじゃ。

春から初夏にかけて産卵して、表層を群れで遊泳するため、
引き縄と呼ばれるトローリングで釣るのが一般的じゃが、
最近ではメタルジグなど、ルアーで狙うアングラーも多いんじゃ。

運良く群れに遭遇すると、70センチオーバーが連続ヒット、なんてこともある。
ただ、歯が鋭いのでショックリーダー(ハリス)は太めの方が無難じゃ。

京都の「西京焼き」やなどが有名だが、春のサワラは刺身でも絶品。
ちなみに、香川県などでは卵巣を使ってカラスミを作るんじゃ。

そんなサワラの釣り方に関する質問も待っておるぞ!
メールで送ってきなされ!

 

マンゴー隊「アナゴ」報告

スタッフの赤ワインです。
マンゴー隊の皆さんから続々アウトドアレポートが頂いています。
今週も釣りが多いですね!
ありがとうございます!

送ってくれたのは、前回マゴチの報告も送ってくれたラジオネーム「南足柄の金太郎」さん。
今回は、何が釣れたんでしょうか?

今回は東京湾へ今が旬のアナゴ釣りに行ってきましたよぉ~。

今シーズン初めてのアナゴ釣り、開始早々からポツポツいい感じで釣れて
結果21本の納得行く釣行が出来て良かったです~

アナゴは釣っている途中に中乗りさんが捌いてくれるので、
帰ってヌメリを取るだけで、
白焼き、天ぷら、煮アナゴの一本握り寿司とかたまらんですよぉ~。

沖釣りファンの皆さんも如何ですかぁ。。。

 

ADアレイのアウトドア体験隊のターゲット募集中!

ADのアレイです。

今月から、月1でスタートした企画
「ADアレイのアウトドア体験隊」

まだまだアウトドア経験値の低いザバーン新米ADのぼくアレイが、
マンゴー隊を代表して、毎回 様々なアウトドアスポーツに挑戦していくという企画です。

初回は、「Mt.富士ヒルクライム」にチャレンジ!

そして、今後は、月1で、
ウェイクボード、ボルダリングなどなど新しいアウトドアスポーツに次々とチャレンジしていきます。

そこで、皆さんから僕にチャレンジして欲しいアウトドアスポーツを募集!

例えば…

「スカイダイビングにチャレンジしたいけど、怖いから、まずはADアレイに試してもらいたい」

「まだまだ人口の少ないボディーボードの川下りリバーブギを広めたい!」

…などなど、リスナーの皆さんはもちろん、
宣伝したいアウトドアショップ関係者、アウトドア業界関係者からの依頼も待ってます!

メールでどんどん送ってください!

 

T-SQUARE伊東たけしさん登場!

T-SQUAREの伊東たけしが登場しました!

自転車&アウトドア話で盛り上がり、
EWIでツール・ド・フランスのテーマも生演奏してくれました!

伊東さんはまたイタリアの高級ブランド「カンパニョーロ」の部品を買って
テンションが上がったそうですよ。

Mt.富士ヒルクライムに出るマンゴー隊自転車部に向けて
練習にいい坂が環八あるよ!と教えてくれました。

 

マンゴーボックスに続々…

スタッフの赤ワインです。

マンゴーボックスに続々とアイテムが集まってきています。

まずは、南国ヤップ島のダイビングショップ
ヤップ ライズ ダイビングセンター」から、
RIZEのTシャツと、ヤップの方がバンダナスで作ったバスケット!

そして、プロスケーターの小川元さんが、
日本のスケートボードを盛り上げるために立ち上げた団体ASJのコインケース!

R0010658.JPG

これを買うことで(420円)、ASJの活動、プロスケーターの活動を応援することができます。
ザバーンがプロスケーター応援のために買ったコインケースを
マンゴーボックスでプレゼント!

明日からの放送でドンドン放出していきますのでお楽しみに!

 

続・チャリ特訓! ~横浜 to 駒沢編~

ADのアレイです。

今日は、先日行った初の自転車特訓の続きをば!
前回、番組を終えたThe Burnスタッフ(D:赤ワイン、AD:アレイ)は、
自転車メーカーGIANTの渋井さんと、
Team comrade GIANTのプチ監督・内山さんに連れられて、
Mt.富士ヒルクライムに向けた特訓を開始。
横浜の紅葉坂周辺で坂道特訓を行いました。
そこで坂道を登るための「ダンシング(=立ち漕ぎ)」を練習したんですが、
その後は長距離の感覚を体験するため、
みなとみらいからゴール地点となる駒沢へサイクリング開始!

まずは国道1号線をひたすら北上。
炎天下のなか、風を切って走る自転車はすこぶる快調♪
みなとみらいでの練習もあってか、かなり車体との一体感が出てきました。
また、この段階でギアチェンジも練習。
渋井さんによると、足の回転数を同じに保ちながらギアチェンジするのがコツとの事。

そして川崎あたりで多摩川についたところで、土手のサイクリングコースへ。
天気は最高で、見晴らしも良く、走っているとリトルリーグの野球の試合が行われていたり、
バーベキューをしてる団体や日光浴をしてる人がいたり…
また、道中には同じくサイクリングを楽しんでいる人たちとすれ違ったり、と、
景色や雰囲気を楽しむのもバッチリ!

その後、多摩川を遡上して二子橋まで行き、駒沢通りで駒沢へ到着。
最後のコースには、その日、もっとも急勾配な坂を上がる試練があったりしました。

トータルで約31kmを制覇したわけですが、
多摩川でのゆったりした走りや信号待ちでの休みがあったおかげで?
かなり快適に「DEFY」との初走行を遂げる事ができました!

まだ自転車に慣れきっていないせいもあって肩などが疲れたというのもありますが、
正直、その後もいくらでも走れるんじゃないかと思うくらい。
久しぶりに、フルで体を使えた、そんな気持ちでしたね。

今週の放送では、その当日の事も話しつつ、
渋井さんと内山監督からのさらなる改善点のアドバイスをオンエア。
ヒルクライムに向けてさらに自転車スキルを磨きます!

P.S.
その後、僕は渋井さんとともに駒沢通りをまっすぐ進み、
恵比寿までさらに15kmの距離を消化しました。。。

 

マンゴー隊「ジギングでワラサ!」報告

スタッフの赤ワインです。
マンゴー隊の皆さんから続々GWのアウトドアレポートが頂いています。
ありがとうございます!

ジギング報告を送ってくれたのは、
ラジオネーム「鵠沼の熱い胸騒ぎ」さん。


連休中に1日休みが取れ、
最近爆釣だという沖の瀬へ、S治郎丸さんに乗りジギングに行ってきました。

釣りは、1年半ぶりでワクワクドキドキでいざ沖の瀬へ。

ポイントに到着し、棚は60m~80mとのことで待望の一投目。
しばらくしゃくるも当たりなし。ポイントを移動し再開。

すると左隣の方にイナダがヒット、他でもイナダがヒット。

その後も自分にはあたりがなく時間だけが過ぎていきました。

あちらこちらポイントを移動し、右隣の方のロッドが大きく曲がりました。
今までとは明らかに引きが違います。

自分も気合を入れてしゃくっていると、ドカーンとものすごいアタリが。
ロッドは大きく曲がりドラグがうなりをあげラインが出て行きます。

右隣の方は見事3.7キロのワラサゲット。
続いて自分の獲物が見えてきました。

なんと、サメに食いちぎられてしまった無残なワラサがあがってきました。

船長(ゆうじろう)が、
「おいしいところは残ってるよ」と声をかけてくれましたが、しばし呆然。

その後海が荒れてきたのであえなく終了となりました。

しかし獲物は半身で3キロあり、ふたりで食べるのには十分な大きさで刺身、
煮物でおいしくいただきました。

この次は5キロオーバーを釣り上げたいと思います。

 

釣り博士の旬の魚「メバル」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の魚「メバル」じゃ。

メバルは、九州から北海道沿岸部の岩礁帯に広く生息して、
「春告げ魚」とも言われているんじゃ。

肉食性で、エビなどの甲殻類や小魚、貝類などを食べ、
大きなものは30センチほどになる。

一般的に、防波堤や磯場で釣れるのが「黒メバル」、
沖合の深場で釣れるのが「赤メバル」で、分類的には違う種類じゃ。

防波堤や釣り公園ではフカセ釣りやウキ釣りで狙うのが一般的だが、
最近は「メバリング」と称して、
プラスチックワームや小型のミノープラグを使ったルアー釣りも人気じゃ。
(夕方、エサの小魚を求めて灯り周りに集まってくる習性がある)

エラ蓋や背びれの刺が鋭いので、ハリを外すときには手袋やタオルを使った方が無難。

淡白な白身で、刺身はもちろんの事、煮付けや唐揚げにすると絶品じゃ!
大漁を祈っておるぞ!

メバルの釣り方で困ったことがあったら、
質問を博士までメールで送ってきなされ。

 

元BLEU MERMAIDもっちーの潮干狩り日記

スタッフの赤ワインです。
今日は、元BLEU MERMAIDのママさんサーファーもっちーから
波乗りレポートではなくて、潮干狩りレポートが届きました!


元BLEU MUERMAIDのモッチーです!
土日ぃいお天気でしたね☆
友だちと娘で、昨日潮干狩りに行きました!

予定では、横浜の海の公園だったのですが、なんと駐車場4時間待ち~
干潮時間に合わせ、早めに行ったのにダメだったので、別の場所へ。

娘は夢中になり、泥だらけになりながら、たくさんとれましたよぉ!!

恥ずかしい話ですが、人生初の潮干狩り!
周りの方たちは、ざると大きな熊手、みかんが入ってそうなネットなど
準備万端で、勉強になりました!
次回は、ざる持参しなくては!!

帰宅し、塩水で一晩置くと、
あさりちゃんが、ぴゅーぴゅーと砂を吐いていました。

洋服に水がかかり、生きてるんだなぁと思っていたのですが…

娘の大好物のあさりのお味噌汁にしちゃいました!!
とっても、おいしく頂きました☆☆☆

 

チャリ、初特訓!

ADのアレイです。

先週の土曜、さっそく番組を終えたThe Burnスタッフ(D:赤ワイン、AD:アレイ)は、
GIANTの渋井さんと、Team comrade GIANTのプチ監督、内山さんに連れられて、
自転車特訓開始!
とりあえずランドマークの前で記念撮影をして…と。

まずは、自転車に慣れたり、基礎的なブレーキの掛け方、
走り方、道路を走る際のマナーを学ぶため、みなとみらいをグルッと走行。

炎天下でも、走るスピードが速いので正面からの風が気持ちいい~♪

横浜にちなんで、放送でも言っていたとおり、
たねまるテンガロンハットをかぶって乗車!

顔から下は最高に快適なのに、ハットの中だけムレムレです…。

その後、みなとみらい最強の急勾配(?)の紅葉坂を登って、
坂道の洗礼を受けたあと、
その近辺で、練習にちょうどいい勾配の坂を発見!

そこで、Mt.富士ヒルクライムには間違いなく必須な乗り方になるであろう、
「ダンシング(=立ち漕ぎ)」を練習!

車体を左右に振ってペダルを漕ぐことで、推進力を増すんですが
プチ監督のダンシングは、上体がまったくブレず、とてもキレイ。
そんな綺麗なダンシングを見ながら解説してもらって、
あとはひたすら上って下っての猛特訓。

鬼コーチGIANTの渋井さんの「もう2本行ってみますかー!」で
何度も坂に挑戦するものの、
2本やって、さらに2本追加、さらに追加という永久反復。。。
しかし、そのおかげでダンシングのコツも徐々につかめてきて、
最初に登ったときのツラさと比べたら天と地の差。坂もラークラク?♪

基礎的な部分を覚えたところで、
今度はついに、横浜を出発、都内を目指して長距離に初挑戦!
果たして、無事にたどり着く事はできるのか?

続きは次回を待て!!

 

Mt.富士ヒルクライムはこのマシンで挑戦!

ADのアレイです。

昨日はゲストに自転車メーカー「GIANT」の渋井さんと、
Team comrade GIANTのプチ監督、内山さんにお越しいただき、
Mt.富士ヒルクライムに向けてのアドバイスなどをお伺いしました。

そんなGIANTさんから、今回ADのアレイが大会に向けて
お借りする自転車はコレ!

ロードバイクの『DEFY』!

かっこいいスタイルしてますね~~~★
ロードレーサー入門としてもピッタリなスタンダードなタイプのバイクで、
ロングライドやヒルクライムなど幅広く乗れる自転車。

ギアは前に3段、後ろに8段で、24段変速!
一般的なロードバイクよりレンジも広いので、厳しい坂も登りやすいそう。

今まで乗っていた自転車と比べると、まず車体がものすごく軽いことに感激!
それだけで気分があがりましたが、
こいでみると、ペダルの回転のスムーズな感じや、
ギアチェンジの気持ちよさ、ドロップハンドルの独特な感じなど、
すごい一体感を感じます。

この1ヶ月間、しっかりこのマシンと練習を積み、
富士山に挑戦したいと思います!
まずはこの自転車に慣れるところからスタート、

最終的に大会完走目指すぞ!

 

ダッヂオーブンでローストビーフ!

ADのアレイです。

ザバーンでは、毎月第2週に、
『男社会のカウボウイの鍋に革命を起こした、鉄鍋ジャンヌダルク』、こと
日本ダッチオーブン振興会理事長中山ちか子さんに電話をつないで
ダッチオーブンのレシピを伺っています。

今回は、王道『ローストビーフ』のレシピを教えてもらいました。

ダッチオーブンを持った人が誰でも一度は憧れる、
肉料理の王様、『ローストビーフ』。

ローストビーフはレストランのシェ フが作る料理だと思われている方も多いと思いますが、
ダッチオーブンで作ると驚くほど簡単に美味しく調理出来ます。

作り方です。材料の牛肉は長時間の加熱でも固くならないロース肉を使います。
今回は2kgの塊を用意。

肉は必ず冷蔵庫から出して室温に戻しておきます。

まず、煙が出る位に熱くしたダッチオーブンにサラダ油をひいて、塩・胡椒しておいた肉を投入。
肉の表面全体に焼き色をつけて旨味を封じ込めます。
そして、焼き色がついた肉の下にスノコをひいてフタをします。

下火は弱火にしてフタの上にはオキにした炭をのせて30分位ローストします。
30分位たったらカービングフォークなどで肉をさしてみて焼け具合を確認します。

好みの焼き加減になったら肉を取り出してアルミホイルに包んで温かいところで休ませます。
ローストは休ませるのが大切なポイント。
焼きたてをすぐに切ると美味しい肉汁が全部流れ出てしまいます。
休ませている間に厚い肉の中まで余熱が伝わって肉汁が落ち着いて
しっとりとピンク色の状態になります。

出来上がった肉を切り分けていただく時に、
定番のホースラディッシュとグレービーソースを作っても良いですし、
柚子胡椒やシンプルに塩胡椒だけでとても美味ですよ!

ダッヂオーブン振興会のホームページでは、
行っている活動をチェックしたり、コメント広場では交流も深めたりできます。
ホームページへはこちらをクリック

 

ASIAN X-GAMES結果

スタッフの赤ワインです。

先週、上海で行われた
BMX、スケートボード、インラインスケート、クライミング、モトクロスなど、
エクストリームスポーツの最高峰の大会ASIAN X-GAMES。

xsacchi2.JPG

上海帰りの松原さと子さんが
神奈川出身の小川元さんも出場した
スケートボード、バート競技のレポートを届けてくれました!

結果は…

1位 Andy Macdonald/USA
2位 Adam Taylor/USA
3位 Renton Millar/AUS
4位 Juergen Horrwarth/GER
5位 Marcelo Bastos/BRA
6位 Neal Hendrix/USA
7位 Jussi Korhonen/FIN
8位 Nathan Beck/AUS
9位 Seiya Sano/JPN
10位 Moto Shibata/JPN

やっぱり本場アメリカから強豪選手が大活躍。
われらが小川元選手は残念ながら予選通過ならず…でした。

前日までの練習では、本当に調子がよかった小川元選手。
ゲンズダンスと言われる、彼独自の動きも交えたトリックも冴えていましたが、
予選ではまさかの技でフォールしてしまいました…

そして、決勝に進出して10位になった
14才、中学生の芝田元選手。

小柄で可愛いルックスが、現地の方にも人気をはくして
会場を沸かせていました。

日本を代表して、自分のスタイルを見せてくれた選手の皆さん、
本当にお疲れ様でした!

そして、5/16(土)17(日)には、
鵠沼海岸海浜公園スケートパークで
AJSAというプロ団体が主催する大きなスケートボードの大会が行われます。

みんなで応援に行きましょう!

 

元BLEU MERMAIDナッチャン&もっちーの波乗り日記

スタッフの赤ワインです。

去年の3月まで活動していた
番組のレディースサーフチームBLEU MERMAIDのメンバーだった
女子大生サーファーのナッチャンと
人妻サーファーのもっちーから波乗りレポートが届きました!

■もっちー■

モッチーデス☆
今日は、久々になっちゃんとサーフィンしました☆
海の中での待ち合わせなんて、久しぶり!

台風のうねりが心配だったのですが、サイズはあまりなかったデス。
膝~腰位で、中々割れにくい波でした。
困ったときのインサイド☆
ドジさんに教えてもらったように、インサイドに居ると、割れるではないですかぁ☆

なっちゃんは、益々上手くなっていました(^O^)
☆羨ましい☆

今日は仕事が休みで娘も小学生になったので、何しよ~かなぁ
雨だし、ちょっと憂鬱になっていたんです。
そしたら、なっちゃんが「もう海入りましたか?」と元気にメールを送ってくれて・・・☆
波おっきいの心配だったら、
「ボディーボードでもぃいじゃないですか☆」と背中を押してくれました!!
ありがとう、なっちゃん☆
今日はすご~く楽しかった☆
なっちゃんのおかげで、素敵な日になりました!
今日がきっかけで、これからまた海に戻れたら嬉しいです!!
BLEU MERMAIDのみんなの話もしました~
またみんなでサーフィンしたいです!!

今度なっちゃんが、連れて行ってくれる予定のハワイアンレストランをレポートしまぁす!なんて☆
では!

■ナッチャン■

黄金週間が終わりました。
今日はあいにくの雨ですが久しぶりにもっちーと一緒に入ってきました☆
波があると思って銅像前で待ち合わせ…

思ってたほど上がってなかったです。
でもおしゃべりするにはちょうどいいセット間でしたね♪
久々に会ったのでずっと喋ってました☆
あ~楽しかった☆

…ってサーフィンもちゃんとしましたよ。
もっちーのボディボ華麗でした☆

波が上がらないのであきらめてショップに戻ったら
店長の405さんが入るか悩んでたので一緒に入ることに~。

サーフィン後のコーヒーをかけて勝負をすることになりました。
結果は…
乗った本数が3対1で405さんの勝ち~

090507_1.jpg

負けました…

090507_2.jpg

悔しいのでリベンジします。

なのでまた読んでくださーい。
もっちー今日は楽しかったです。ありがとうございました。

 

マンゴー隊「マゴチ」報告

スタッフの赤ワインです。
マンゴー隊の皆さんから続々GWのアウトドアレポートが頂いています。
ありがとうございます!

でっかいマゴチの情報を送ってくれたのは、
南足柄のラジオネーム「金太郎」さん。


4/29日に小田原からシロギスの乗合船に行ってきました。

端物狙い(外道)でシロギスの泳がせをしたんですが
泳がせ開始2、3分足らずでヒット~!!

なんと67cmのマゴチが釣れちゃいましたよ。

自分にとって初めてのマゴチ。。。

それと後半ヒラメも釣れちゃって、もう言うことなしでしたよぉ~


 

マンゴー隊「西表島ダイビング」報告

スタッフの赤ワインです。
マンゴー隊の皆さんから続々GWのアウトドアレポートが頂いています。
ありがとうございます!

「西表島ダイビング」の情報を送ってくれたのは、
大和市のラジオネーム「エコーズ」さん。

CA3C00880001.jpg

CA3C00780001.jpg

早めのゴールデンウイークだったので
西表島ダイビング行ってきました~

去年に比べると温度も水温もちょっと寒い(T_T)

ですが、今回はマンタやハナヒゲウツボ幼魚やマグロやコブシメが見れてもー大満足♪

ただデジカメ水没させちゃいました。

CA3C0096.jpg

 

釣り博士の旬の魚「ハナダイ」

博士じゃ。

わしが、相模湾の旬の魚と釣り方のうんちくを語る大人気のコーナーじゃ。
心して読むように。

今日は、相模湾の旬の魚「ハナダイ」じゃ。

関東では、「ハナダイ」「チコ」「ヒメダイ」などと呼ばれるが、
正式な呼び名は、「チダイ」。
鰓蓋に、血がにじんだような赤い縁取りがあるのでついた名前じゃ。

相模湾では5月ころ、群れに遭遇すると何十匹も釣れる事があるんじゃ。

大きなものは40センチほどになるが、
関東では10センチほどの小物が「春日子(かすご)」として酢締め用に重宝されている。

本家の「マダイ」よりも浅い場所に生息していて、
エビエサでマダイを狙っているときに外道として釣れることも多いが、
相模湾などでは、ウイリー仕掛けを使ったコマセシャクリ釣りがポピュラーで、
マダイよりも手軽で、数も釣れるんじゃ。
(ウイリー=フックにピンクや蛍光グリーンのビニールやを巻き付けた疑似エサの一種)

アタリはコツンと明快じゃが、何度もアタリが続かないので、
一発目でしっかりアワセることが肝心。

漁師さんの話によると、小潮の後の若潮のときが、潮が速いので狙い目だそうじゃ!
3枚に下ろしの1片で「にぎり」寿司をつくったり、酢締めで食べると絶品。
連休にいかがかの~。

博士に教えて欲しい魚の釣り方の質問も大募集じゃ。
コメントも、メールも大歓迎じゃ。
待っておるぞ。

 

井手ぼく?

スタッフの赤ワインです。

先日、タケノコ掘りに行った帰り、
東名の海老名サービスエリアで見つけました。

井手大介…ではなくて、「いで牧場」のソフトクリーム!

濃くて美味しかったですよ。
みなさんのサービスエリアお気に入りメニューは?


そして、自動車と言えば、4月29日、
芦ノ湖スカイラインに、
路面と自動車走行時の共鳴音で
童謡「ふじの山」のメロディーが奏でられる音響道路
「メロディペーブ」が登場しました。

杓子峠~三国峠間の上り車線約310メートルにわたって設置。
時速40キロで走行すると、
童謡「ふじの山」の「あたまを雲の上に出し~四方の山を見下ろして~」まで
約10秒程度を車内で聞くことができるそうなんです。

もう走ってみた人いますか?

 

元BLEU MERMAIDナッチャンの波乗り日記5/2

スタッフの赤ワインです。

去年の3月まで活動していた
番組のレディースサーフチームBLEU MERMAIDのメンバーだった
女子大生サーファーのナッチャンから
今週も波乗りレポートが届きました!

土曜日は午後から風が出てきましたが波も上がってきました!
強いオンショアの中ゴールデンウィークなので海にはたくさん人がいました~☆
私はCCCの目の前あたりで入ってました。

090502_1.jpg

ビーチではビーチバレーをしてる人も増えてきてもうすぐ夏だなーと感じました。

海の中は混んでましたがオンショアで波数が多かったのでたくさん乗れましたよ!

新しいボードにしてからスタンスがよくなったとほめていただきました♪

やったー(^ε^)♪

新しいボードは調子がいいです☆
上がってからショップに帰ってきて気がついたんですが、
SALEやってるじゃないですか~♪

090502_2.jpg

お買い物してから帰ろうと思ったのに
バイトに遅刻しそうだったのでできなかったです(/_;)
あぁ~残念…↓↓
でもまだやってるそうなのでまた今度お買い物します。

まだまだ黄金週間は続きますね~☆
黄金週間中に千葉とかに行きたいので計画中です。

空いてるポイントなどあったら教えてください☆
あとロケーションがいいポイントも☆

でわまたレポート書きます♪
読んでくれてありがとうございました☆

 

ASIAN X-GAMES

スタッフの赤ワインです。

今、中国の上海では、
エクストリームスポーツの最高峰の大会ASIAN X-GAMESが行われています。
BMX、スケートボード、インラインスケート、クライミング、モトクロスなどの競技が行われていますが
スケートボードでは、
ザバーンに出演してくれた、あのプロスケーター小川元さんも出場!
(小川元さんは、神奈川出身で、鵠沼のスケートパークでも活動しています)

そんな上海からレポートを届けてくれたのが、
Fヨコのラジオショッピングや
Tips Town金曜日の「らんらんツアー フライデーワンダラー」でお馴染みの松原さと子さん!

松原さんは、最近、鵠沼のスケートパークでスケボーを始めて、
スケボーの何をやってもいいフリースタイルなところが好きなんだそう。


木曜日、金曜日には、
スケートボードのストリート競技が行われました。

日本からは、沖縄出身の才哲治(サイテツハル)さんが出場!(写真)
残念ながら予選通過はなりませんでした。
才選手、お疲れ様でした!

そして、ついに土日は、
われらが小川元さんも出場するバート競技。
バート競技はこんなランプを使って行われます。

日本からは3選手が参加。
練習中の3選手を激写。

小川元選手。

佐野誠哉選手。

芝田元選手。

バートは、土曜日が予選で、日曜日が決勝。
3人の活躍を期待しています!

 

フロアチェアをプレゼント!

今日のThe Burnでは、スペシャルなプレゼントがあります!

創立55周年記念大創立祭開催中の
「家具の大正堂」からフロアチェア「ポワール」を2名の方にプレゼント!!

色は、イエロー、グリーン、パープル、ベージュ、レッドの中から希望の色が選べます!.

応募は、メールでコチラまで。
住所、氏名、希望の色も必ず書いて下さいね。

なお、当選された方への商品発送は
「家具の大正堂」からになりますので、予めご了承下さい。

 

ヤップ島特集!

スタッフの赤ワインです。
5/2(土)のGood To Goのコーナーでは、
ミクロネシア連邦の小さな島「ヤップ島」を特集します。

ヤップ島は、位置的にはグアムとパラオの間にあって、
海岸線を、マングローブで覆われた緑豊かな小さな島です。
面積はおよそ100平方キロメートルなので、小笠原諸島と同じくらい。

ヤップ島の海は青いですね!!
ちなみに写真に写っているカヌーは、
ヤップだけに受け継がれている伝統のカヌー。
計器を使わずに自然の力、星の位置、波、風、魚を見分け、
太平洋の島々をカヌーで渡っているそうで、
今でもクギなど現代的なものは使わず、
自然のものを使って作られているそうです。

世界各国からヤップ島を訪れる旅行者の数は年間5000人以下という穴場ですが
ダイビング雑誌では、ヤップ島特集が組まれていたり、
ザバーンのリスナーからもヤップ島にダイビングに行ってきたという報告が来たり、
ダイバーにとっては憧れの場所でもあります。

かなりの高確率でマンタと遭遇できて、
ホワイトマンタもいるとか。

ちなみに、釣りでは、
最近、バラクーダ、キハダマグロなんかが釣れているとか。

そんなヤップ島には、グアム空港から飛行機でおよそ1時間半。
ちょっと足を伸ばせば行ける…そんな楽園なんです。

ヤップ島のダイビングショップ
ヤップ ライズ ダイビングセンター」の奈美さんに電話をつないで
詳しい話をうかがいます。

お楽しみに!

 

SURF1発売中です!

スタッフの赤ワインです。

今月もサーフィン雑誌「SURF1」が発売されました。

高知特集に、日本一の林健太の自伝「マイストーリー」、
そして、西海岸を代表する映像監督トーマス・キャンベルの
最新サーフ・ムービー“The Present”の情報も。
ザバーンでも取材したカシア・メドーも出演している注目映画ですよ。

ぜひチェックしてくださいね!