NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

TEAM MANGO~ 小川元選手 3週目

マンゴー隊の一員に、アウトドアスポーツの楽しさを知り尽くしたトップアスリートを招いて、
アウトドアの魅力を奥深く追求していこうというコーナーTEAM MANGO

今月、「TEAM MANGO」に参加してくれたのは、プロスケーターの小川元さん。


(Photo:510)

1996年から2008年まで、バーティカル部門で全日本チャンピオンとなったほか、
Global X-GAMESなど、世界レベルの大会に数多く出場。
また、日本を含めたアジアのスケートボーダーを、
もっと世の中の人に知ってもらいたいという思いで
スケートボードのプロモーション組織「ASJ(Asia Skateboard-Japan)」を設立して、
スケートボードの普及に力を入れています。

「No Limit 限界への挑戦」

スケートボードをやっていれば常に限界がつきまとうものですが、
それを越えていく事がレベルアップするという事ですよね。
さらに、限界を超えるには恐怖を克服し、技術を向上させていかなければいけないのですが、
私が実践していることは、まず恐怖心をなくすことですね。
スケートボーダーは転ぶという事が一番怖いと思いますが、
それを恐れないためには自分がどのような状況になっているか把握するという事です。
つまり、新しい動きをする時に恐怖心がわきますが、その動きを自分でイメージするんです。
そして、どういう時にどういう転び方をするのかという事を自分の中であらかじめ予想しておけば、
変な転び方はしなくなると思うので、恐怖心はなくなります。
例えば、一回転半する技があります。それを練習するときに、むやみに始めから一回転半しようとするのではなく、
小分けにして、まずはその半分だけ回転してみてすぐに受け身の態勢をとる。
それができたらその先をやっていくという積み重ねで
私は恐怖などを乗り越えて、新しい技などに立ち向かっています。
そうやっていくと上達するまでの期間が長いのですが、でも確実に、怪我も少なく、技を習得していけます。
私は21年スケートボードをやっていますが、それでもまだまだ体が動くのはその方法のおかげだと思います。
来週は今後の夢についてお話します。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)