NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

今月のダッチオーヴン料理は”クラムチャウダー”☆

先週は、男社会のカウボウイの鍋に革命を起こした、鉄鍋ジャンヌダルクこと、
日本ダッチオーブン振興会理事長中山ちか子さんに、
クラムチャウダーの作り方をもらいました。

クラムチャウダーは二枚貝のクリームスープ。
本場アメリカではホンビノス貝をよく使いますが、一般的にはハマグ リやアサリなどで代用。
舌を焼く程熱々のチャウダーはその昔、アメリカの開拓者達の身体を温め安らぎを与えてきました。
アメリカ東海岸のニューイングランドが発祥地で、これは白いスープ。
もうひとつニューヨーク風は赤いトマトスープで、こちらは夏に冷やしても美味。

今回はニューイングランド風の作り 方をご紹介してもらいました。
下ごしらえとして、はまぐりか、あさりを塩水につけて砂をよくはかせておきます。
そして熱湯で茹でてゆで汁と蛤の身を外して別々に。
次に熱くプレヒートしたダッチオーブンにバターを溶かして長ねぎとベーコンをさっと炒めたら、
玉葱、じゃがいも、セロリを加えて炒めます。
ここに白ワイン、蛤の茹で汁、鶏ガラスープを加えて10分位煮込みます。
野菜が柔らかくなったら牛乳に小麦粉を加えたものを入れ、スープにとろみがつくまでよく混ぜる。
最後に蛤の身を加えて味を整えて出来上がりです。生クリームを入れてもコクが出て美味しい。
チャウダーはパンと相性がいいです。 ちょっとお洒落をしてキノコ型のフランスパンの中身を
くり抜いてチャウダーを入れると、パンもしっとりと柔らかくなって本当に美味しいです。
寒いこの時期にぜひ挑戦を!

コメント

作り方のUPありがとうございます~♪

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)