NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

TEAM MANGO~ 石川敦士選手 3週目

マンゴー隊の一員に、アウトドアスポーツの楽しさを知り尽くしたトップアスリートを招いて、
アウトドアの魅力を奥深く追求していこうというコーナーTEAM MANGO

今月、「TEAM MANGO」に参加してくれたのは、プロスノーボーダーの石川敦士さん。

スノーボードチーム「SCLOVER3 Riders」のメンバー。
2007年のX-TRAIL JAM in TOKYODOMEで10位、
去年、上越国際で行われた「THE SLOPE」では、海外勢など強豪を抑えて見事優勝など、
輝かしい戦歴を持つイケメンパパさんライダー。
SCLOVERのメンバーでスノーボードDVD「ブラック」もリリースしています。

「NISSAN X-TRAIL ASIAN OPEN2009への意気込み」

去年はこの大会はNIPPON OPENという名前で開催されていました。
僕はパークスタイルという、様々なアイテムを流していく競技に出場しました。
最初にレールセクション、次にジャンプセクション、そしてヒップセクションの3つのアイテムがあり、
それを上手く流していくという競技です。
日本である大会の中では外国人が一番多く出てくるスロープスタイルの大会ではないかなと思っています。
3つの違うジャンルのセクションがあるので、
全てのスノーボードが上手くないと点がでないような形になっているんですよ。
まずレールができなければならないし、ジャンプができなければならない。
最後のヒップも、ハーフパイプができないと高さも距離も出ないようなジャンプなんですね。
この3つ、全てが上手くないと点がでないから、一番難しい大会なんじゃないかなと思っています。
去年は僕はファイナルに進出して10位でした。
今年は、"NISSAN X-TRAIL ASIAN OPEN"という名の通り、ジャパンからアジアになります。
韓国や中国からも強い選手が来るのではと思いますが、今年は表彰台を目指します。
スイスで練習してきたトリックをベースに表彰台を目指して頑張りたいと思います。
先ほどにも述べたんですが、これは色んなジャンルのスノーボードが見られる大会です。
知らない人やこれからスノーボードを始めようとしている人が見にきても楽しめる大会になっていると思いますので、
是非、会場のアルツ磐梯に足を運んで応援、観戦してほしいと思います。
来週は限界への挑戦について話したいと思います。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)