NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

ジェニファー・スミスにインタビュー

杉山玲子です!

女の子に人気のブランドROXYのライダーで、
ロングボード女子の2007年度のワールドチャンピオン
ジェニファースミスさんにインタビューしました!

放送では一部しかお届けできませんでしたが、
ブログではノーカットでお届けします。


<まずはサーフィンについて…サーフィンに出会ったのはいつ?>

『すごく若い時、覚えてないけどたぶん6歳くらいのときに始めました。
それで、初めてカスタムボードを作ったのが9歳のとき。
すごくはまってしまい、お父さんがサーファーだったということもあって熱心に教えてくれました。』


<サーフィンの楽しいところは?>

『両親が好きになるものは何でも好きになるもので、
お父さんがサーフィンを好きで私もサーフィンが好きになり、
お母さんは料理を作るのが好きで私も料理が好きになりました。
サーフィンに関しては、それにまつわるすべてのライフスタイルが好きです。』


<サーファーのお父さんはどんな人?

『彼はサーフィンが大好きで、スケートボードストアを経営してます。
朝起きるとサーフィンに行って、それから働くという生活をしています。』


<思い出に残っているサーフポイントやサーフトリップは?>

『メキシコですね。
その中でもスコーピオンベイはカリフォルニアに似ているんだけどライフスタイルは全然違うんです。
あまり開発されていない郊外のようなところ。
建物や家があまりなくて、人も少なく、携帯電話もなかったり。
でも海の中には魚が多くいて、鳥も飛んでいてとてもきれいです。
あと、今住んでいるサンディエゴも好きですね。』


<ジェニファーは今どんなペースでサーフィンしてるの?>

『波が良い時は一日3回くらいサーフィンしています。
普段は1回か2回はしてますね。だいたい1回につき1時間か2時間くらい。
あまり波が良くないときは20分くらいで出てきちゃう。
調子が良くて波も良かった時は6時間くらいサーフィンしてましたね。
でもそういうのはなかなかないから、今まで2回くらいしかやったことないかな。』


<サーフィンするときに心がけていることは?>

『いつも楽しむことですね。
あとは自分をチャレンジさせること。
常に上達したいし、良い波を探して、昨日よりも良いノーズライドをしようと心がけたり…。
それとクリエイティブでいること。
サーフィンはクリエイティブでいることが大事で、それでいて自分のスタイルを持つことも大事。
あとは新しいことをいつもいつもチャレンジし続けること。
それを続けているとどんどん楽しくなるし、それが全てつながっています。』


<トレーニングは何かしてる?>

『たまにジムに行ったりします。
あとはスケートボードをしたり、ノーズライドをしたり、自転車に乗ったり。
キッチリ鍛えようとは思ってないけど、そういう自分の好きなことをしながらシェイプや体力を保っています。』


<サーフィンをやめたい、怖い、と思ったことはある?>

『いつも楽しいし、自分が心から好きなことだから、やめようと思ったことはないです。
競争をしなくちゃいけなかったり、写真撮影がたくさんあったりでプロをやめたいと思ったことはありますけど。
一度小さい頃溺れそうになったり、ワカメや海藻がいっぱいあったり動物がいたりして恐がったことはありましたけど、今は大好きになったし、これからもやめようと思うことはないと思います。』


<大きな怪我はしたことある?>

『一度、私のボードを受け渡してもらう時にボードが唇の上に当たって縫ったりとか、足首を少し痛くしたこともありますけど、深刻な怪我をしたことはないです。
スケートボードで足の骨を折ったことありますね。
サーフィンはすごく安全なスポーツだし、いろんなことをチャレンジしてもあまり怪我しないので良いです。』


<海が教えてくれたことはある?>

『波がいつも良いとは限らないし、今日は波が良くても明日は全然波が来ない時もある。
そういうのは人生の中でも一緒だし、例えば良い波が来たら必ずキャッチする=良いチャンスがある時は絶対逃さない事、良くない時はただ待つ事を教えてくれました。』


<今の家族は支えてくれている?>

『すごくサポートしてくれてます。
お父さんはサーフィン大好きだから支えてくれているし、お母さんも誇りに思ってくれています。
でも私にすごく会いたがっているし、私も2人に会いたくなります、いつも旅行に行っていることが多いので。
でも、やっと会えた時にはすごく嬉しくて両親のありがたさに気付かされます。』


<家ではどうやって家族と過ごすんですか?>

『お姉ちゃんには赤ちゃんが2人いて、みんなで楽しく過ごしたり、ランチしたりディナーしたり…。
そんな特別なことはしないけど、ただ一緒にいてお互いの生活の話やこれからのプランを話したりします。
私が1匹犬を飼っていて、お母さんも犬を1匹飼っていて、みんなで一緒に散歩に行くのが大好きです。』


<ジェニファーのようにサーフィンを上手になりたいという女の子はどうすればいい?>

『ただ楽しめばいいんだと思います。
サーフィンを始めたきっかけを考えれば楽しいから始めているわけだし。
一緒にサーフィンする友達とその楽しさを共有したり、自分の好きなサーファーを研究するのがいいと思う。
あとは、サーフィンがもっと上手くなれば、サーフィンすること自体がもっと簡単になるし、続けていけば自分自身のスタイルができるから。
だから、ただ自分の好きなことをやって続けていけばいいと思います。』


<この先チャレンジしたいことは?>

『サーフィンにおいては、インドネシアに行きたいです。
とても良い波があると聞くので、一度は行ってみたい。
サーフィン以外では、ちょっと落ち着いて生活したい。子供を持って家族を作るのもいいかも。
あとは、年間を通して同じ場所に住み続けてみたいかな。
それは大きいチャレンジかもしれません。
もしそういうチャレンジがあるならサンディエゴがいいかも。
天気も良いし波も良いし、自転車やドライブも楽しいし。
家族がいるというのが大きな理由かもしれません。』

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)