NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

Team Mango~牛越峰統2週目

マンゴー隊の一員に、アウトドアスポーツの楽しさを知り尽くしたトップアスリートを招いて、
アウトドアの魅力を奥深く追求していこうというコーナーTEAM MANGO

今月、「TEAM MANGO」に参加してくれるのは、
千葉を拠点に活動しているプロサーファーの牛越峰統さん。
国内外のコンテストで活躍し、2007年のJPSAトータルランキングは3位。
さらに、トリップサーファーとしても世界各地のグッドウェーブもメイク。
また、調布市にサーフショップ「U4 SURF」もオープンさせて
サーフカルチャーの普及につとめています。
U4-C.jpg

サーフィンの魅力
簡単に言うと入場料がいらない。
あと自然で出来るスポーツなんで波がないと波の上に立てないんで
波が来るのを待たなきゃいけない、そういう魅力もあるし、
波が割れるとその波と同じ波が二度と割れないっていうところに魅力がありますね。
日本でサーフィンを始めるんですけど、サーファーってすぐいろんなところに度がしたくなるので、
日本から海外に行ったときもいろんな波を追いかけてサーフトリップ行くんだけど
1番の魅力は、日本語だったり英語だったりスペイン語とかいろいろあるんですけど
例えばヨーロッパのフランス語の地域とか行くと言葉は全然通じないんだけど
そこの波がいいってことでいろんなサーファーが集まってきて、
波待ちなんかしてると波がいいものだからローカルもフレンドリーで言葉が喋れなくても
ジェスチャーで友達になれるようなそういった魅力がサーフィンにはあるんじゃないかなと。
僕なんか世界ツアーいろいろ回ってきて言葉も覚えてるんじゃないかなと思ってるけど
実際サーフィン以外のところで使う英語なんかほとんど使えなかったりして、
でも海の中の会話とか今日のうねりはどっちなのかとか明日波が上がるぜとか、
そういう会話だけはフィーリングすごい出来ていて、
言葉の文化なんかもサーフィンをやっていると統一されるみたいな、
世界の人たちと世界の文化なんかも知れるところですかね。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)