NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

Team Mango~牛越峰統1周目

マンゴー隊の一員に、アウトドアスポーツの楽しさを知り尽くしたトップアスリートを招いて、
アウトドアの魅力を奥深く追求していこうというコーナーTEAM MANGO
U4-B.jpg
今月、「TEAM MANGO」に参加してくれるのは、
千葉を拠点に活動しているプロサーファーの牛越峰統さん。
国内外のコンテストで活躍し、2007年のJPSAトータルランキングは3位。
さらに、トリップサーファーとしても世界各地のグッドウェーブもメイク。
また、調布市にサーフショップ「U4 SURF」もオープンさせて
サーフカルチャーの普及につとめています。

サーフィンを始めたきっかけ

僕には兄弟が上3人いまして、一番最初にサーフボードを見たのが兄貴がサーフボードを持ってきてそれからサーフィンを知ったんですね。
初めてやったのが中学校1年13歳の時ですね、同級生の友達と3人で鵠沼まで行きまして、
初めて入ったのが鵠沼か江ノ島で最初にサーフィンをやりました。
2本目くらいからテイクオフできてそれからずっとサーフィンにはまりっぱなしって感じですね。
スケートボードで結構練習してたんで感覚的には横乗りの感覚はあったんですけど、
海の上潮の上に乗っかる感覚がバランス難しくてすごい不思議な感じがしたのを覚えてますね。
中1からサーフィンを始めて中2ぐらいになった時近くのサーフショップがあって、
そこの先輩たちにかわいがってもらってその頃からプロサーファーになるという意識がありました、
もちろんその時にライバルが1人2人いたんですけど、
そのメンバーとやりあってく内に全国のサーファーと勝負したいという気持ちが出てきて
NSAに登録すると全国から勝ちあがってきた選手と戦える場所があると聞いて
それを目指していくうちに、とにかくサーフィンしかやっていなかったので
結局4年でプロになれたんですよ。
中3から始めて17でプロになったのでその4年間というのは
ほとんど東京にいるんだけど海にいるような感じがしたのを覚えていますね。
東京からは17歳でプロになったのは僕が最初だったのかな、
すごい期待もあったし自分でも不安もあったし、
そんなんで17歳でなったんですけどその後6年間はプロで賞金取れなかったんじゃないかな、
だから早くはなれたんだけどその後活躍するまでは長かったという感じでしたね。

コメント

私もう50に手が届くオッサンなのですが一昨年からサーフィン始めました。そのきっかけはなんとたまたま3年前本屋で何故か買ってしまった「サーフィン&ボディーボードテクニック」という本。これ牛越さんが著者で本の内容もさることながら添付DVDのノースショアの大波トライにとにかくびっくり。私はロング専門ですが、応援してます、頑張ってください!!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)