NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

プロスノーボーダー上田ユキエ インタビュー前編

井手大介と杉山玲子が、
フルモデルチェンジした日産X-TRAIL「ザバーン号」で
苗場へとスノーボードトリップに向かった
「The Burn NISSAN X-TRAIL Saturday Surf & Snow Break @ Mt.Naeba」

苗場をベースに活動するプロスノーボーダー
上田ユキエさんにインタビューをしてきました。

井手曰く「可愛くてスタイルも良くてスノーボードも上手い」
そんな上田ユキエさんへのインタビュー。
今回はその前半をお届けします。

井手大介
苗場をベースにしているって事は、
ここを毎日自分のもののように滑っているということ?(笑)

上田ユキエ
そうですね(笑)
シーズン中いろいろな場所を転々としていますが、
ホームの苗場に戻ってきて、ここで毎日滑るのがベースになっています。

井手大介
この広いゲレンデを全部知り尽くしているわけでしょ?
いろんな形があるわけですが、これを全部使って遊んだりするんですか?

上田ユキエ
そうですね。
山が大きいので、フルに使って楽しめるのが苗場の魅力なんで。

井手大介
ゴンドラとかリフトとか早いのもあるから、ここをホームにするのは良いですよね?

上田ユキエ
そうですね。
苗場からかぐらエリアなども全部あわせると一日中楽しめるし飽きないですね。

井手大介
僕たちも今日苗場からかぐらに行って戻ってきただけで1日終わっちゃったので
全部滑るのは大変だなーと思うんですが、
全部滑り倒したら相当うまくなるでしょ?

上田ユキエ
やっぱり日本のゲレンデで長い距離滑るとか色んな地形を滑るのは
どこでもできることじゃないので、上達の秘訣ですね。

井手大介
今日滑っていてパークも何ヶ所か見かけました。

上田ユキエ
この苗場には1つあって、みつまたエリアにもあるし、
向かいの浅貝ゲレンデにもあって、
浅貝はパーク中心で、ハイクオリティ・ハイレベルなアイテムがあります。

井手大介
浅貝はプロスノーボーダー多いみたいですね!

上田ユキエ
そうですね。皆さん篭って練習していますね。
パフォーマンスを見に行くだけでも面白いと思いますよ。

井手大介
僕はパーク初心者でたまに入ったりもするんですけど、
浅貝はプロが多くていきなり入っても申し訳ないのでは?
と思ったりするんですが、どうですか?

上田ユキエ
そんなことないですよ。
ちゃんと上級者用のパークのレーンと、
誰でも入れる易しいパークのレーンに別れているので大丈夫。
プロの方や、私も気楽に滑るときは初心者レーンを流して遊んだりします。

井手大介
上田さんも浅貝デビューした時は緊張しました?

上田ユキエ
その時はイケイケであまり緊張とかしていなかったと思います(笑)
ハーフパイプも浅貝はキレイで人気なんですよ。
ちょっとしたキッカーとかボックスはどこのゲレンデにもありますが、
きちんと整備されたハーフパイプが常にあるゲレンデはそんなに多くないんです。
私も最初は、ハーフパイプを練習しに浅貝に通いました。

井手大介
ハーフパイプうまくこなせるコツってあるんですか?

上田ユキエ
コツはやっぱりフリーライディング。
普通にゲレンデでフリーランをきちんを滑れるようになっていれば
パイプで飛べるようになるなると思います。
エッジの使い方、スピード…いろいろなことの総合なので
きちんと滑れていれば早いです。

杉山玲子
私は苗場のゲレンデを初めて滑らせてもらって、
いろいろなコースがあって楽しかったです。
スノーボード自体は6年ぶりだったんですけど、
女の子ならではのゲレンデの楽しみ方っていうと?

上田ユキエ
苗場のいいところは、晴れると景色がすごくいいんですよ。
山頂のほうのリフトに乗ると、景色を見ているだけで別世界で、
私なんか毎朝乗っているのに、
「ここにいて良かった!!」と思っちゃうくらい。
滑りながらももちろんカフェに入ってお茶しながら感じたり。
それに、ゲレンデも山が広いんで、
土日でホテル周りが混んでるなと思っても、
山頂の方やドラゴンドラで田代エリアに行ったら、
ストレスを感じないくらい空いていたり。
景色を見ながら滑るのは視野的にも余裕が出るし、
車の運転と一緒で、あんまり近くを見ていると下向きになっていってしまうので
景色を楽しんだりしながら滑れるのが女の子にはいいですね!

コメント

雪景色 最高ですね
空気の違いもわかりますね
コンクリートジャングルを抜け出し『トンネルを抜けると…』白銀の世界♪♪♪
仲間とワイワイも楽しいし◎^∇^◎
今年は雪山 当たり年ですね!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)