NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

ザバーン号で苗場へ!

「The Burn NISSAN X-TRAIL Saturday Surf & Snow Break @ Mt.Naeba」
井手大介と杉山玲子が
フルモデルチェンジした日産エクストレイル「ザバーン号」に乗って
日の出前の湘南を出発!苗場へと向かいました!

いつもは玲子ちゃんのボディーボードを乗せているザバーン号に、
今日はスノーボードを乗せています。

X-TRAILは、サーフィンはもちろん、スノーボードにも最適なSUV!
スノーボードも楽々入っちゃいます。

さぁ、荷物も載せたら、さっそく苗場へ向け出発です!

関越道の月夜野ICから国道17号線で33キロ。
苗場へと向かいます。

月夜野ICを降りてからは、雪道が続きます。

雪道こそX-TRAILの真価の発揮しどころ。
井手大介が普通に運転している間にも、
実はX-TRAILがいろいろ考えてくれています。
さらに進化した四駆システム「ALL MODE 4×4-i」が、
滑りやすい路面でもドライバーが期待するコーナリングをコンピューターが予測して、
実際の走りをドライバーのイメージどおりに近づけるように、
前後のトルク配分を最適に配分してくれているんです。

これによって、今日みたいに滑りやすい路面でも、
安心して運転することができます。

そして、雪山へ向かう道で特に心配なのが坂道。

上り坂で特に役に立つのは、「ヒルスタートアシスト」。
坂道発進の時、約2秒間ブレーキの圧力をクルマが自動的に保って、
ブレーキペダルからアクセルペダルに踏み換える際の車両の後退を防止し、
余裕を持ってスムースに発進できるといった便利で魅力的な機能。

そして、エンジンブレーキだけでは減速できない急な下り坂や
雪道のような滑りやすい路面を下る時に役立つのが、
「ヒルディセントコントロール」。
ブレーキを踏まなくても自動的におよそ時速7kmに
クルマのスピードをコントロールしてくれる機能です。

快適な雪道ドライブで、湘南から苗場に到着したザバーン号。

苗場について、午前中スノーボードを楽しんでから駐車場に戻ると…

やっぱりX-TRAILは雪が似合いますね!

さて、午前中、苗場スキー場でたっぷり滑った後は、
お隣のかぐらスキー場へとザバーン号で移動します。

こんな時にも、ザバーン号なら塗れたスノーボードウェアのまま乗っても大丈夫!

なんと言ってもX-TRAILのインテリアは「フル防水インテリア」。
シートやフロア、天井まで防水加工が施されているので汚れてしまっても
簡単に洗い流すことができます。
ウェアに雪がついたままクルマに乗ってもラクに拭き取ることができるんです。

X-TRAILのウォッシャブルダブルラゲッジなら、簡単に洗うことができるので、
雪がついたままのスノーボードだって、ガンガン積み込んでOK!

しかも、後部座席の真ん中の背もたれだけが前に倒れて、
最大4枚のスノーボードを積み込むことができるので、
楽に4人乗れて、簡単にスノーボードを積み込むことが可能。

車内に4枚も入るなんてスゴくないですか?

ちなみに、そんなX-TRAILですが、
ザバーンチームが苗場に行ったときには、
ゲレンデに展示されていました!

そして、2/23(土)、24(日)には、
苗場で、フルモデルチェンジしたX-TRAIL雪上試乗会も行われます!
「ヒル・ディセント・コントロール」や「ヒル・スタート・アシスト」などの機能を
体感してもらうために、
雪で作った坂道も用意されるそうです。
さらに、自由に雪の上を走行できちゃうコースもあるとか。
雪の上での試乗会ってなかなかないですよね?

乗ってみたいという方は免許証を忘れずに!
試乗会に参加した方には、X-TRAILのCMでおなじみの
プロスノーボーダーのトラビス・ライス選手とX-TRAILがコラボレーションした
オリジナルDVDがもらえるチャンスもありますよ。

ぜひ苗場でX-TRAILを体感してみてください。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)