NISSAN X TRAIL SATURDAY SURF BREAK BLOG
X-TRAIL

ガールズ対談 杉山玲子×Lisa Halim 前編

スタッフの赤ワインです。

8/4(土)に行われたガールズのためのサーフィン大会ROXY CHALLENGEの後、
大会会場近くのカフェでは、熱いガールズトークが繰り広げられました。

杉山玲子×Lisa Halim

その時の様子を2回に分けてお届けします。
まずは前編。

ガールズトークと言うことで、話はいきなり恋愛トークへ…

『サンドイッチじゃなくてオニギリだった?!』

杉山玲子:
今日は、ROXY CHALLENGEで、ビーチにステージを作って海をバックに歌ったけど、海でのライブは初めて?

Lisa Halim:
2回目ですね。パーカッションやギターを入れてのライブは初めてだったし、天気も良かったので気持ちよかったですね。

スタジオや普通のステージで歌うのとは気持ちが違う?

なんか全然、楽♪

楽なんだ?(笑)いつもよりナチュラルに歌えたって感じ?

そうですね。でも、ちょっと潮が喉にキュッてきて、たまに高い声が出なかったりしたけど、そんなの天気で吹き飛ばしてるって感じで、ま、いっか!って。

サーファーを前にして歌ったり、サーフィンの大会を1日見たのは?

ないです。サーフィンの大会に来たのは初めてですね。

素直にどんな感想?

今回ガールズだけの大会だったので、女の子がサーフィン上手いのがカッコいいなと思って。
男の子が上手くてカッコいいのは当たり前だけど、女の子はさらにカッコいいなと思って、もっと練習しようと思いました。でも、大会に出たいとは、まだそんなに思ってないですけど(笑)

今回の『Air Rhythm』を聞いてて、リサちゃん、恋してるのかな?と思いながら聞いていたんですけど・・・
あれは実話じゃないの?サンドイッチ持って…

それ、すごいよく聞かれます。実話です(笑)

やっぱり!!すごいリアル過ぎて(笑)聴いてて、すごいイメージがわいてくるのね。
サンドイッチ持って海に行くとか、彼氏を待っている間に男の子にナンパされて、とか。

でも、サンドイッチとか、いろいろ自分でキレイに歌詞を変えています。実は違うものかもしれない(笑)
そこは想像に…

おにぎりだったんだろうね?きっとね。おにぎりじゃあね…

おにぎりじゃ、ちょっとかっこ悪いからサンドイッチにしようかと(笑)


『海で待つ女の子になりたい願望』


杉山玲子:
私は、海が好きだからすごくストレートに入ってきていい曲ですね!
私も待っていた過去はありますよ。それもやっぱり21,22の頃。
海で待つ女の子になりたかったんですよね、サーフィン始めたばっかりで。
海でサーファー彼氏を待つシチュエーションに憧れて。自分もサーフィンしていたんだけど…。
彼氏が海に入っているというのを知って、後から行って、ビーチでタオルを持って待っていたの。
それで、上がってきてタオルを渡したかった。で、ずっと待っていて、上がってきた彼氏にタオルを渡したら、「いらねーよ!」って言われて…少しくらい顔を拭いてもいいのに!と思うくらい。そんな切ない女の子の時期もあった。


Lisa Halim:
切ない…それを歌にします(笑)

その後も、いろいろあって…ってもういいか(笑)

下さい!そのネタ(笑)

そうそう。ビデオ撮ってあげる彼女にも憧れて。サポートする彼女。彼氏がプロサーファーで、私のサポートの元…。尽くしたかったのよね。そういう彼女になりたかったの。
でも、どんどん自分がサーフィンが上手くなっていっちゃって…でも、彼氏より上手くなっちゃいけないだね、世の中っていうのは。そこで、スポンサーの数とか、大会入賞の数で上手くいかなくなっていったの。

えー、切ない…

切ない?

切ないですよ…だって、上手いのは仕方ないもん。

一個夢をかなえると、一個夢がなくなっていくのかな?
リサちゃんはメジャーデビューの夢をかなえて、なにかなくなってない?

なくなってない(笑)それでなくなっていくなら本当の恋じゃない…とか思っちゃう。

コメント

赤ワインさん 皆さんおはようございます!!

う~ん REIKOさんの話… 切ないですね けどそう言う男って実際 多い?様な・・・
REIKOさん そんな男は 何処かの駅前に降ろして来ちゃいましょう(^_^;)

『下さい!そのネタ』
Lisaさんの一言 笑えました(^O^) Lisa nice!!

REIKOさんm(__)m

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)